ラン島のフェリーの時刻表!スピードボートやアクティビティ(シュノーケリングやレンタルバイク)、行き方や観光のホテル、タイのビーチなど


 

ラン島のフェリーは、観光客に配慮して

時刻表が分かりやすい。

 

ぴったりの時間1時間ごとに出ているのは

ありがたい。

 

 

ラン島のより詳しい情報、

タイに住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

タイのラン島。

 

キレイなビーチが広がる島だ。

 

 

今回は、ラン島に行く

フェリーの時刻表などを紹介。

 

日本ではやや馴染みの薄い

ラン島の魅力を解説する。

 

 

 

ラン島(タイ)フェリーの時刻表!スピードボートやサマエビーチへの行き方…バンコクからは?

 

ラン島への行き方は、パタヤから船で片道40分。

 

パタヤへは、バンコクからバスが出ている。

 

パタヤへのバスの所要時間は、2時間半ほどだ。

 

 

ラン島のティエンビーチへの行き方は、

フェリーを降りたら、バイクタクシーに乗る。

 

 

ラン島のセームビーチの行き方も、

サマエビーチへの行き方も同じだ。

 

 

フェリー乗り場に行先別の

料金が書いてある看板があるので、

ぼられる心配はない。

 

 

ティエンビーチへは、40バーツ、

セームビーチ・サマエビーチへは50バーツだ。

 

 

ラン島へのフェリーの時刻表だが、

午前7時から午後2時までちょうどの時刻、

1時間ごとにフェリーが出発する。

 

午後2時発のフェリーの次は、

午後3時半、5時、6時半で最終だ。

 

 

フェリーのほかに、スピードボートで

行く方法もあるが、かなり揺れる上に

料金が高いので、あまりお勧めしない。

 

 

 

ラン島のアクティビティ!レンタルバイクやシュノーケリング(ツアーやレンタル、ポイント)

 

バンコクから3時間ほどで到着する

ラン島では、シュノーケリングが人気だ。

 

現地のツアーで道具をレンタルして、

身軽に楽しめるのもポイントが高い。

 

 

日本では見たことがないような魚や

白い砂浜をシュノーケリングで満喫できる。

 

透明な海で、美しい海の生き物を見ると、

別世界に行った気分になる。

 

 

ラン島には、シュノーケリング以外にも、

たくさんのアクティビティがある。

 

 

レンタルバイクもお勧めだ。

 

美しいビーチをバイクで

風を切って走ると爽快だ。

 

 

バイクのレンタル料金は、1日300バーツ。

 

 

タイでバイクを運転するには国際免許が必要だ。

 

レンタルバイクを考えている人は、

日本で事前に取得しておこう。

 

 

バイクをレンタルすれば、

フェリー乗り場とビーチの間を

自由に行き来することができる。

 

バイクタクシーが捕まらずに、

時間を無駄にすることもない。

 

 

 

タイのパタヤ、ラン島のビーチでおすすめは?貴重品や観光の地図

 

ラン島の観光の名所は、

なんといっても美しいビーチだ。

 

 

特におすすめのビーチはサマエビーチ。

 

観光客が少なく、ゆったりした

時間を過ごすことができる。

 

 

騒がしい街のパタヤから40分で

美しいビーチを楽しむことができる。

 

自分は、ビーチで静かに過ごすのが好きなので、

観光客があまり行かないビーチが好きだ。

 

 

ビーチでは考え事をしたり本を読んだりする。

 

静かすぎる室内より頭が働くので、

ビーチで仕事をするのもお勧めだ。

 

 

ラン島は治安は良いが、観光地なので

観光客を狙った犯罪は当然ある。

 

貴重品には十分注意しておきたい。

 

 

ラン島の地図を見ると、島全体に

ビーチが広がっているのがよくわかる。

 

特に名前がついていないビーチでも、

とてもキレイなので、

ぜひ島全体を楽しんで欲しい。

 

 

 

ラン島のレストランやホテル(高級)おすすめは?ブログも紹介

 

ラン島には多くの高級ホテルがある。

 

 

中でもおすすめは、

「ラレーナリゾート・ザシーコランパタヤ」。

 

新しいホテルで高級感あふれる内装が人気。

 

 

ラン島のホテルには

開放的なバーもあり、夜も楽しめる。

 

 

また、ラン島のホテルでは、

釣りなどのアクティビティを

用意しているホテルもある。

 

ラン島のホテルに子連れで泊まる場合も、

ホテル専用のビーチがあったり、子供向けの

アクティビティが開催されていたりかなり便利だ。

 

 

ラン島のホテルは、リゾートホテルなので、

ホテルの中でも楽しめるように設計されている。

 

ホテルのレストランは、

朝食が数種類から選べるなど、

かなり満足度が高い。

 

 

ラン島のホテルではなく、

バンコクでホテルに宿泊し、

ラン島に行くこともできる。

 

バンコクなら、ホテルの選択肢が広がる。

 

 

「【結論】タイ一択」というブログでは、

ラン島のホテルについて

地図や写真付きで紹介されている。

 

ぜひ参考にして欲しい。

 

 

 

ラン島のオプショナルツアー、大麻やタイ語など

 

パタヤやラン島では、タイ語が話されている。

 

しかし、現地のオプショナルツアーに

参加する場合、タイ語が

分からなくても十分楽しめる。

 

 

ラン島は観光地なので、

観光関係の人は

カタコトでも英語が話せる。

 

看板も英語がタイ語と

一緒に書かれているので、

心配する必要はない。

 

 

ただ、どんなに魅力あふれる

ラン島でも注意点がある。

 

それが大麻だ。

 

 

旅先のちょっとした好奇心や油断から

大麻に手を出して、外国で逮捕

などということになったら取り返しがつかない。

 

少しでも「あやしいな」と思ったら、

すぐにその場を離れよう。

 

 

「どうしようかな」と迷っていると、

大麻を売りたい相手は

あっという間にあなたに近づいてくる。

 

きっぱりとした態度で断るのが一番大事だ。

 

 

 

まとめ。ラン島のフェリーの時刻表について

 

・ラン島への行き方は、

パタヤから船で片道40分

 

 

・1時間に1本フェリーが出ている

 

 

・ラン島のビーチへは、

フェリーを降りたら、

レンタルバイクを使う

 

 

・ラン島で特におすすめの

ビーチは、サマエビーチ

 

 

・ラン島には多くの

高級リゾートホテルがある

 

 

・ラン島の現地オプショナルツアーでは、

タイ語ができなくても、楽しめる

 

 

ラン島にハマったカイジ。

自分と同じく太りやすい体質に悩む(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ