イタリアの結婚年齢は?年齢と結婚式の費用、風習…飲酒の年齢はいくつ?


 

イタリアの結婚年齢(平均)は34歳で、

かなり晩婚化が進んでいることに驚く。

 

コロナでひどい目に遭ったのも、高齢者が増えていることが

大きな理由の一つだった。

 

 

イタリアの結婚に関するより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る具体的な手段・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

イタリアと日本では

異なる点がいろいろある。

 

 

それは結婚事情もそう。

 

 

イタリアの結婚年齢は

男が16歳で女が14歳。

 

しかし、最近は

結婚しないカップルも増えている。

 

 

飲酒も同様。

 

 

そんな事情を踏まえて、

イタリアの風習や

飲酒年齢にも触れていこう。

 

 

 

イタリアの結婚年齢って?飲酒の年齢も紹介

 

イタリアの結婚年齢だが

年々上がっている。

 

 

現在は34歳。

 

もうすぐ35歳に

届こうとする勢いだ。

 

 

イタリアでは日本よりも

晩婚化が進んでいる。

 

これにはいくつか理由がある。

 

 

まず、イタリアは

離婚するのに3年かかる。

 

それから、離婚後は子供がいたり

妻に生活能力がなかったりした場合、

お金を払い続けなくてはならない。

 

 

だから結婚する人が

年々減少している。

 

 

日本と違う点は、

イタリア人は結婚しなくても

相手も子供もいるところ。

 

つまり、事実婚。

 

 

日本でシングルマザーが増えている実情を見ると、

結婚という法律に縛られず人生を謳歌している

という点は日本も見習うところがあると思う。

 

 

イタリアの飲酒事情だが、

2012年までは16歳から購入可能だった。

 

今では18歳になっているが、

事実上、イタリア人は

その前に初飲酒することがほとんど。

 

 

日本との違いは、

買うのは18歳以上だが

使うのはそれ以下でも問題ない。

 

水よりもアルコールのほうが

値段が安いくらいだから。

 

 

文化的な違いという認識でいい。

 

 

イタリアでは周囲に

迷惑をかけるのは不徳とされている。

 

飲酒規制はゆるいが、だからといって

日本みたいに路上で吐いたり、

暴れたりするようなことは少ない。

 

 

自然と節度が守られている。

 

 

 

イタリアの結婚式の費用は?風習はどんなもの?

 

イタリアにも結納はある。

 

お互いの家族に紹介して

女性は左薬指に男性から貰った指輪を

つけるだけで終わり。

 

 

それと、イタリアでは日本みたいに

結納をしたからすぐに

結婚式を挙げるという認識はない。

 

 

イタリアの結婚式は

役所か教会のどちらかで挙げる。

 

 

役所といっても日本のような

殺風景な建物ではない。

 

インテリアも絵画も

歴史のある素晴らしいもの。

 

 

教会で式を挙げることが

できるのはクリスチャンのみ。

 

日本のように入籍だけはできず、

必ず結婚式を挙げることが条件となる。

 

 

ライスシャワーは

イタリアならではの風習。

 

イタリア語の祝福の発音が

ライスシャワーに似ているからだとか。

 

 

費用はピンキリ。

 

 

安いと日本円で30万円程度。

 

高いカップルだと、200万円超え。

 

 

イタリア人は費用より

雰囲気を重んじる。

 

だから人数が少なくても、

良い結婚式になりそうなら問題視しない。

 

 

日本のように見栄を

張るようなことはしない。

 

 

ご祝儀は日本よりも安く

1万円が相場だが、

イタリア人はプレゼントを好む。

 

結婚式専用の

プレゼント店が存在するほど。

 

 

お金より贈り物のほうが

真心を伝えやすいと思っている。

 

 

風習としては結婚を決めてするまで

1年近くかけてプロデュースしていく。

 

 

ただし二次会はやらない。

 

 

結婚後、親との同居もない。

 

 

イタリアの場合、

風習といってもシンプルなもの。

 

特筆すべきはダンス。

 

 

愛の国イタリアでは、

結婚式の当日は朝から晩までダンス。

 

新郎新婦だけでなく

参加者が誰とは問わず

ダンスしまくる。

 

 

そんな状況がイタリアの

結婚式では日常茶飯事。

 

愛のある結婚式という印象が強い。

 

 

 

まとめ。イタリアの結婚年齢について

 

イタリアでは結婚しない

カップルが増えているし晩婚化。

 

その理由として離婚が大変だし、

男性は金銭的な負担が大きい。

 

 

愛があれば籍なんて。

 

そんなおおらかな風潮がある。

 

 

だから少子化とは

無縁なのかもしれない。

 

事実婚が特異に見られないから、

未婚でも子供はいる。

 

 

日本では少ないケース。

 

 

飲酒にしても

必要以上に規制しないから、

逆に反動がでない。

 

そういう点では

日本も少し見習うべきだ。

 

 

イタリア人と結婚したいと話す優子。

自分と同じく、もともとかなりネガティブだった人(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ