インドネシア語の下ネタ!フレーズや翻訳を移住者が紹介


 

インドネシア語は難しい言語ではないのだが・・・

 

下ネタを覚えても、夜のお店の子以外には

むやみに使わないように(笑)。

 

 

インドネシア語の下ネタの情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る方法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

イスラム教徒が多いインドネシア語の下ネタ。

 

どんな内容があるのか、

女性には受け入れられるのか。

 

 

イスラム教徒の男性との

会話での下ネタは喜ばれるのか。

 

国や宗教が違うと、

様々なことが変わってくる。

 

 

現地在住の方のブログも参考にしながら、

人の距離を縮めるコミュニケーションの一つとしての

下ネタについて材料を提供したい。

 

 

 

インドネシア語の下ネタ!使える場面は?

 

自分は海外生活が長いので、日本の常識は

相手の非常識になることが多いのは理解しているが、

日本でも人によっては駄目な下ネタ。

 

上手くいけば、ユーモアセンスや

色気として自分の魅力アップにも繋がる。

 

 

だが、相手のことを考えないで使う下ネタは、

諸刃の剣になりかねない危険もある。

 

 

インドネシアはイスラム教徒が多く、

イスラム教では婚前交渉は駄目で、

いろいろな制約がある。

 

恋人同士であっても

手も握れないし、キスも駄目だ。

 

 

色々な注意点はあるが、当然

インドネシア人男性は

女性に対しては興味深々だ。

 

「スキあらば」という気持ちも無くもない。

 

 

愛を育むのにも少し色気のある言葉も使いたいし、

実際に結婚した後は夫婦の愛の時間もある。

 

よりセクシーな下ネタとして

女性に使える場面も出てくる。

 

 

そういうインドネシア語は

 

「恋する指さし会話帳(インドネシア語編)」

「男と女のインドネシア語会話術」

 

という本に載っている。

 

 

実際に勉強した後に実践する場としては、

日本のキャバクラ要素のあるインドネシアのカラオケで、

色々体験してみるのも良いのではないだろうか。

 

 

男性同士のネタとして下ネタが使える場面は、

結婚式の打ち合わせや、インドネシア人の

日本語教師の方がよく使うものもある。

 

 

具体的なフレーズは次で紹介しよう。

 

 

 

インドネシア語の下ネタ、フレーズと翻訳を紹介

 

インドネシア語の日本人に対しての

下ネタ鉄板フレーズの例は、

 

 

「指輪」のことをインドネシア語で

翻訳すると「cincin(チンチン)」

 

「カップ、お茶碗」のことを

「mangkok(マンコッ)」

 

 

という。

 

 

皆、日本人は唖然としてしまうフレーズだ。

 

 

「cincin(チンチン)」については、

結婚式が一番多いだろうとは思う。

 

「mangkok(マンコッ)」については、

日々の食事の準備などでも使用する。

 

 

慣れるまでは自分だけ

恥ずかしい思いをするかもしれない。

 

 

他にも男性向けの「下ネタ」話題としては、

男性用トイレにまつわる内容がある。

 

ここからは、男性向けと

思ってもらいたい内容だ。

 

女性の方には申し訳ない。

 

 

インドネシアには、

男性の小用を足した後に、

ベンキ上部から水が落ちてくる。

 

これは男性の用を足したものを洗う水だ。

 

 

日本ではそれが無いため、

インドネシア人男性は困るそうだ。

 

 

この点においては、

日本人より綺麗好きだと言える。

 

 

習慣的な内容での「下ネタ」も、

他の国にもあるので

いろいろ知っておくのは良いことだ。

 

 

 

まとめ。インドネシア語の下ネタについて

 

インドネシア語は、非常にシンプルな言語で

難易度は世界一簡単だと言われている。

 

インドネシアでの充実した

生活をするためにも、

「下ネタ」は大事だ。

 

 

言葉の翻訳での「下ネタ」は、

他の言語でもあるだろう。

 

事前に知っておくと実際に聞いた時に

うろたえないで対応できる。

 

 

「下ネタ」を含んだ内容も

勉強しておくと良いだろう。

 

 

また、インドネシアでは、

男尊女卑の文化があるため、

女性は恋愛に対しても控えめだ。

 

男性がエスコートするには、

言葉についてもナイトライフを盛り上げる内容を

勉強しておかないと、盛り上がりにかける。

 

 

ムードが台無しになるかもしれない。

 

 

男性側の練習としては、

インドネシアのカラオケで、

出会う女性たちと色々体験してみるのも良い。

 

 

注意点として最後にあげるなら、

本来の目的を忘れずに

節度ある行動を意識しようという点だ。

 

 

インドネシア語をネイティブレベルで話す友田。

自分と同じく、下見なしで東南アジアに移住した行動派(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ