フランス語でありがとう!スペルやカタカナの読み方、発音は?女性のメッセージ、「嬉しい」やメルシーの丁寧な表現(ありがとうございます)


 

フランス語の「ありがとう」のスペルはMerci

さすがにメルシーは日本人でも知っている。

 

 

フランス語など外国語の最速マスター法、

フランスに住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

フランス語はとにかく難しいイメージが強い。

 

日常でも使う機会は少ないが、

世界的に見るとわりと使われている言語で、

覚えていると役に立つことも多い。

 

 

フランス語で有名な言葉、ありがとうは

メルシーだということはよく知られているが、

英語のようにスペルまで覚えている人は少ない。

 

しかも、メルシーはありがとうの意味ではあるものの、

TPOによって別のありがとうの

伝え方があることは意外に知られていない。

 

 

この記事では、難しそうなフランス語の中でも、

ありがとうというワードに限って

いくつかの情報をお伝えしたい。

 

 

 

フランス語「ありがとう」、読み方はカタカナだとメルシー?スペルや発音…スレーズと翻訳

 

まずは、フランス語の

ありがとうの言い方を確認してみる。

 

 

一般的に知られているのは

「Merci」で、読み方はメルシー。

 

だが、これは完全に日本語読みで、

実際の発音は「メルスィー」という表記が近い。

 

 

どの国の言語も日本語に直すと

カタカナで表現することになるので、

日本人に発音しやすい表記になる。

 

だが、実際にはその国にしかない音があるので、

カタカナをそのまま読むのはおすすめしない。

 

 

正しく発音するなら、その国のスペルを確認した上で

ネイティブな発音を学ぶのが一番だが、難しい場合は

なるべく聞いた音に近い発音を意識することが大切だ。

 

 

個人的にはメディアや書籍などで、

外国語をカタカナに変換していることに

弊害があると思っている。

 

 

ガイドブックなどで、カタカナを

そのまま読んでも通じないことが多い。

 

日本人の語学力が低いのは

こういった日本語に置き換える習慣に問題がある。

 

 

 

フランス語でありがとうを丁寧に…「ありがとうございます」「ありがとうございました」

 

次にありがとうのいろんな表現について。

 

 

日本語でも感謝を示す言葉に

たくさんの表現があるように、

フランス語にも様々な言い方がある。

 

一般的な「Merci」は、実際によく使われるが、

時と場合によっては形式的で

他の表現も知っておきたいところだ。

 

 

フランス語で「ありがとうございました」と、

接客などで使う丁寧な言い方としては

「Merci beaucoup」がよく使われる。

 

英語で言えば、

「Thank you very much」といったところ。

 

 

フランス語のありがとうである

メルシーにボークをつけるだけなので、

簡単で幅広く使える便利な言い回しだ。

 

 

丁寧な言い方としては「Merci beaucoup」で十分だが、

さらに熱意のあるありがとうを伝えたいなら

「merci mille fois」という表現もある。

 

「Mille」はフランス語で千を意味するので、

ありがとうを千回言っているイメージが分かりやすい。

 

 

ありがとうございますという丁寧さを

さらにアピールするなら「Je vous remercie」

という言い方がある。

 

 

さらに「pour〜」をつけて感謝の対象を続ければ、

かなりフォーマルな言い回しとなって、

ネイティヴの人が感心すること間違いなしだ。

 

 

 

フランス語でありがとう、女性の嬉しいメッセージなど

 

フランス語でありがとうだけでなく、

嬉しいという気持ちを伝える場合は

「heureux」や「heureuse」を使う。

 

 

この単語は幸せという意味で、男性形と女性形の違いがあり、

女性が使う場合は「Je suis heureuse(私は幸せです)」

という言い回しになる。

 

 

フランス語のありがとうに対する返事、どういたしましては、

いろんな表現があるが「Je vous en prie」が一般的で、

ほとんどの場面で通用する。

 

 

フランス語の「Merci」は、後に続く言葉を添えるだけで

わりと丁寧な表現になるし、変化が出るので、

ありがとうの後に友達の名前を言うだけでもそれっぽく聞こえる。

 

 

これは、ほとんどのケースで使えて、例えばメッセージをもらい、

お返事をありがとうと伝えたければ、フランス語の

「Merci」の後にお返事をという「de ta réponse」をつければいい。

 

 

また、フランス語のありがとうの後に

女性の名前を付ければ親密感も出せる。

 

基本的にありがとうの後には、何かを添えると

表現はとても豊かになると覚えておこう。

 

 

 

まとめ。フランス語のありがとうのスペルについて

 

フランス語の単語、ありがとうに限っての表現などを紹介した。

 

 

その国の言葉をマスターするのは大変だが、

単語を一つだけでなく、関係する表現を覚えると

バリエーションが増えて会話も楽しくなる。

 

 

フランス語の「Merci」は有名な言葉だが、

もう一歩踏み込んでみると、意外に外国語も簡単だ。

 

あまり難しく考えずにトライしてみるとおもしろい。

 

 

フランス語を流暢に話す幸雄。

自分と同じく白子が苦手(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ