英語の下ネタ!下ねたの英語、単語を一覧で…英語の下ネタ集、ジョークの表現やフレーズの例文、翻訳など


 

英語で下ネタを知りたいなら、

名画「スカーフェイス」がおすすめ。

 

今なら、ほとんどのハリウッド映画やドラマで

下ネタが学べるが(笑)。

 

 

英語の下ネタを知るコツ、

海外に住んでも入り続ける安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

英語の下ネタが話せるとネイティブと

すぐに仲良くなれるメリットがある。

 

 

日本人はどうしても英会話が固くなりがち。

 

だから、それをカバーするためにも

英語の下ネタを知っておくと重宝する。

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

英語の下ネタ(下ねた)!英語の単語を一覧で…英語ではどう表現?

 

英語の下ネタジョークだが、

これは実際に海外で日本人が

よく犯している一例だ。

 

 

アメリカでコーラ(coke)を注文するとき、

コック(cock)と発音している人がいるが、

それはコーラではなく男性器のこと。

 

発音が似ているので注意したい。

 

 

特に女性は治安の悪い外国で

コック(cock)と言おうものなら、

身の危険を自ら呼び込んでいるようなものだ。

 

 

こちらでは、危うい単語一覧を翻訳してみた。

 

・bush

(陰毛)

 

・erection

(勃起)

 

・boner,Dick

(男性器)

 

・bofa

(睾丸)

 

・head

(亀頭)

 

・box,beaver,honey pot,puss,muff

(女性器)

 

・dog in a bathtub

(陰嚢を肛門に入れる)

 

・gibe head

(フェラチオ)

 

・pron

(エロ)

 

・muffdiver

(女性へのオーラルセックス)

 

・tit,rack

(女性の胸)

 

・knee cleavage

(体育座りをして両ひざを胸の谷間に見せること)

 

・jugs

(女性の形のいい胸)

 

・jizz

(精液)

 

・shilick,jill off

(女性のオナニー)

 

・jack off,jerk off

(男性のオナニー)

 

・roman helmet

(日本でいう頭に男性器をのせてちょんまげにすること)

 

・Netflix and chill

(セックス目的で自宅に呼ぶ)

 

・fudge packer

(ホモ)

 

・smegma,fromunda,cheese,cock cheese,dkck cheese

(チンカス)

 

・fuck

(セックス)

 

 

この辺はよく使う単語だ。

 

ただし、発音が正しくないと

別物になる場合があるから注意。

 

 

だいたいプライベートで話すことといえば、

下ネタが多いから単語を

知っておくだけでも役に立つ。

 

 

上述したが、女性はくれぐれも注意すること。

 

 

最近は電子翻訳機も優秀だから、

英語が苦手な人は携帯をおすすめする。

 

 

 

英語の下ネタ集!フレーズを覚えよう

 

英語の下ネタ表現は映画などで覚えるといい。

 

英語下ネタフレーズということだ。

 

 

おすすめはAV作品。

 

お馴染みの単語の羅列が確認できるはず。

 

 

AVだとやることがメインだから、

会話が少なくて分かりやすい。

 

単語も同じものを繰り返し

使っていることが多い。

 

 

語学を覚えるには聴く耳を鍛えることが早道。

 

だからいきなり長文ばかりの

映画を視聴しても、

まず理解することは難しい。

 

 

そういう点からもAVがおすすめ。

 

 

女性はAVに抵抗ある人が

多いだろうから、子供番組がいい。

 

セサミストリートとか。

 

外国で下ネタを話す機会もあまりないだろうし。

 

 

男性はチャレンジしてみるといい。

 

楽しく英語を習得できるはず。

 

 

英語下ネタの例文として、いくつか紹介しておく。

 

短文だから覚えやすい。

 

 

・It’s so hard

(男性器が超かたい)

 

・Put it in as deep as you can.

(奥までいれて)

 

・It’s too tight

(キツイかも)

 

・That’s just too big for me.

(私には大きい)

 

・It was rather long. Are you satisfied it?

(長くなったけど満足した?)

 

・You are such a dirty girl!

(なんて彼女エロいんだ)

 

・she is pretty nasty in bed.

(彼女はベッドでエロい)

 

・You are so hot.

(とってもホットだね)

 

・I want you.

(あなたがほしい)

 

・I feel horny.

(ムラムラしてきた)

 

・I come.

(イッた)

 

 

上記のフレーズの中で

「I want you.」はお馴染みのはず。

 

何回も耳にしているから覚えている。

 

 

このように繰り返し使ったり

聴いたりすることが必要。

 

 

下ネタ集で注意する点は、

何度も言っているように発音だ。

 

英語では日本語では使わない発音があるため、

どうしても違う音になりやすい。

 

 

こればかりは何度も使いながら体得していくしかない。

 

 

 

まとめ。英語の下ネタについて

 

英語を習得するのに下ネタから入ってもいい。

 

堅苦しい英語なんて

日常会話ではあまり役に立たない。

 

 

自分も英語を勉強しているとき、

よく英語版のアダルト小説を読んだ。

 

それは学校の先生にすすめられた学習方法。

 

 

続きが気になるから辞書を

引きながら読み進んでしまう。

 

 

日本学校で学んだ英語は使えなかった。

 

それを外国で暮らすようになり実感。

 

 

実際に英語は難しくない。

 

 

日本ではどうも難解にしているところがある。

 

あの小難しい英語文法は

まったく役に立たなかった。

 

 

日本の英語学習もっと実用化するために

下ネタを起用すればいい。

 

 

英語の下ネタを使いこなす白石。

自分と同じく、日本人より外国人の友達の方が多い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ