ドイツで転職!デュッセルドルフの求人は?ドイツで就職や人材採用…ドイツ移住と仕事探し。ドイツファッションと転職の求人


 

ドイツで転職するなら、

 

2019年以前と全く状況が違うということ、

エージェント選びを間違えると大変なことになるというのを

知っておく必要がある。

 

 

ドイツ転職のより詳しい状況、

現地に住んでも入り続けるオンライン収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

2013年度、ドイツはGDPが

ヨーロッパの中でトップ、

世界第4位でもあり経済豊かな国。

 

就職や転職はしやすい傾向にある可能性があるが、

日本人や外国人が就職や転職もできるのだろうか。

 

 

四季があって人は時間に正確。

 

シャイなところがあると、日本と

どことなく共通点があるドイツだが、移住したり

就職するにはどのようにすればいいのだろうか。

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

ドイツで就職、転職!ドイツ移住と仕事…海外就職の仕事探しとドイツ転職

 

ドイツはヨーロッパ諸国の中では

移民に対してウェルカムな姿勢で

受け入れている。

 

 

トルコ、イタリア、ポーランドを中心とした、

90~150か国もの国籍を持つ移民が

ドイツには存在する。

 

ドイツは東西で分かれていたこともあるため、

日本のように東西で文化が違うように、ドイツの国内でも

文化や生活様式、人の感じなど少しずつ違っている。

 

 

ドイツで就職や転職するためには、

まずドイツ語を習得する必要があるだろう。

 

その国に移住したり仕事をするには、

その国の言語は最低限話すことができないと、

コミュニケーションを取ることは難しい。

 

 

ドイツは経済的には豊かな国で、

仕事探しもスムーズに

進む可能性がある。

 

 

ドイツでは法律上、

1日平均労働時間の上限を8時間とし、

週38.5時間労働が一般的だ。

 

だらだら残業して帰れないといったことはなく、

メリハリをつけることができる環境だ。

 

 

業種としては、特にドイツは車産業がさかんで、

BMWやフォルクスワーゲンなどの

名でよく知られている。

 

車産業や機械産業は特に優れているため、

その業種の仕事はたくさんある傾向だ。

 

 

また最近では建築やデザイナー、

セラピストも人気の業界となっている。

 

 

2020年から首都ベルリンの

最低賃金が9.35ユーロ(約1,000円)。

 

首都でありながら物価が安いと評判のベルリンでは、

仕事に就くことができれば普通に

生活していくことができるだろう。

 

 

海外で働くことは日本の

転職エージェントを通して紹介してくれて

日本に居ながらの転職活動も可能だ。

 

 

 

デュッセルドルフに求人は?ドイツの仕事と就職…デュッセルドルフ求人、看護師など

 

ドイツ北部にある

デュッセルドルフという都市には

日本人がたくさん住んでいる。

 

この都市の人口約60万人のうちの

約6,000人が日本人だといわれている。

 

 

昔から日本の企業がヨーロッパの拠点として

進出している都市であり、ラーメン屋や寿司屋、

日系美容院、日系本屋、日本人学校や幼稚園、塾まである。

 

 

店員も日本人や日本語が話すことができるスタッフのため、

ドイツ語が話せなくても日本語だけで生活できる

という噂もたつぐらい日本に染められている都市だ。

 

 

日本人が移住先として

デュッセルドルフを選ぶ人も

実際のところ多い。

 

 

ドイツで就職したい場合は、ワーホリや

現地へ実際出向いての就職活動をする人が多い中、

最近ではSNSなどを使って就職活動する人も増えている。

 

 

特に医療や介護においては

日本と同様にドイツでも人手不足。

 

2005年以降は移民対策のひとつとして、色々な

職業のバックグラウンドを持つ外国人移住者を対象に

職業支援プログラムを実施して多くの外国人労働者の受け入れをしている。

 

 

中でも看護師をはじめとする

医療従事者に向けた

ドイツ語取得を目的とする講座がある。

 

日本の看護師資格をドイツの看護師資格に

切り替えることができるが、

それには色々な審査が必要となる。

 

 

デュッセルドルフ掲示板 看護師さん募集

などが参考になる。

 

 

ドイツに強い転職サポート

リクルートキャリア

 

 

 

ドイツで人材採用!方法は?

 

ドイツでの人材採用は

ドイツの転職や求人情報を持つ

エージェントが行っていることが多い。

 

エージェントとは仲介役のような

役目を果たすところ。

 

 

自分に専任のアドバイザーがついてくれて

就職や転職を希望する人と企業の

橋渡しをしてくれるところだ。

 

企業と条件交渉してくれたり

履歴書や職務経歴書が必要な場合はその添削、

対面やリモートで模擬面接などもしてくれる。

 

 

特に転職活動をする場合には、

現在の仕事と同時進行で

転職活動をする人がほとんど。

 

現在の仕事をしながらの転職活動は

自分ひとりでは時間がなく、

難しいといっても過言ではない。

 

 

そこで転職の場合はエージェントを

利用することは必須となるだろう。

 

 

エージェントは日本にもたくさんあり、

中でもドイツの企業に強い

エージェントというのが存在する。

 

特にキャリアコネクションズというエージェントは、

デュッセルドルフと日本を拠点に、ヨーロッパ各都市・日本の求人を

紹介している就職・転職エージェントだ。

 

 

エージェントを利用する方法は

利用したいエージェントに会員登録する。

 

無料のところが多い。

 

 

そこからアドバイザーからの連絡を待つか、

求人情報検索をして希望する就職先に

応募すると進める事ができる。

 

ひとりで全てをしようとせずに、

エージェントに頼るのもひとつの手だ。

 

 

 

ドイツファッションの求人!転職するなら

 

自分がドイツに訪れた時に街中を歩いていると、

日本人と同じような格好で、あまりこだわっている人が

いないという印象を受けた。

 

ヨーロッパ=おしゃれというイメージが

根付いていたため正直少し拍子抜けした。

 

 

シンプルで女性に関してはスカートは少なく、

ピタッとしたパンツスタイル。

 

色も鮮やかな色よりも、

落ち着いたどちらかというと地味な色使い。

 

 

冬が長いドイツは冬場になると防寒必須、

オシャレより機能性を重視する傾向にある。

 

 

日本でも人気があるスペイン発のZARAや、

スウェーデン発のH&Mなどの

ファストファッションがドイツでも人気だ。

 

 

ドイツファッションでは「New Yorker」や

「Orsay」などの低価格な自国ブランドは

ドイツの若者に人気がある。

 

 

また、世界でも有名なブランドでいうと、

アディダスやプーマ、エスカーダ、ヒューゴ・ボス、

中でもジル・サンダーはドイツが誇るファッションブランド。

 

創業者も世界トップクラスの

ファッションデザイナーだ。

 

 

サンダルで人気の

ビルケンシュトックも

ドイツ発のブランド。

 

ドイツファッション界は

ファッションが好きな人にとれば

魅力たっぷりだろう。

 

 

ドイツは外資系でありながらアメリカなどの

個人・成果主義ではなく、人材の育成や成果を

長期的に見ていくところは日本と似ている。

 

成果に基づく経過も重視されるため、

日本企業との温度差は

さほど感じられないだろう。

 

 

ドイツファッション業界は特に、

何年もかけてブランドを成長させていく必要があるために、

長期的な成果を視野に経営判断をしていく傾向にある。

 

 

注意点は、成果を早く出して

評価をもらいたいと転職を考える人は、

ドイツの企業には合わない可能性があることだ。

 

 

MixBミックスビークラシファイド

などを参照するといい。

 

 

 

ドイツに移住、デメリットは?ドイツ移住の後悔…子連れの移住手続きなど

 

ドイツ移住の際に肝心なのは、

どの都市に住むかだ。

 

ミュンヘンやフランクフルトなど、

観光でも有名な都市の物価は高く家賃も高い。

 

 

首都には人が流れて人口が増え、

それに伴って物価が高くなり、

家賃も高くなることは一般的なことだ。

 

 

東京やニューヨーク、パリ、

ロンドンもその傾向だ。

 

 

しかしベルリンは違う。

 

最近家賃が高騰してきている

状況にはあるが物価は安い。

 

 

ビールは50円、ビール好きにはたまらない。

 

ランチはレストランで1食約600円、

ディナーだと約1,000円で

食べることができるのだ。

 

 

ドイツに移住は日本人が多い

デュッセルドルフも魅力はあるが、

ベルリンにもぜひ目を向けてほしい。

 

 

またドイツはデメリットとして

日曜日や祝日はスーパーを含めて、

ほとんどお店が休みになる。

 

これは日本でコンビニに慣れていたり、

土日にまとめて買い物をするといった人には

とても不便に感じるだろう。

 

 

そしてこれはドイツに限ったことではないが、

店のサービス面は日本にあるような

お客様第1という考えではない。

 

 

日本の食材を

ドイツで買おうとすると、

日本価格の2~4倍。

 

 

病院は救急以外は

基本的に予約制で

2~3か月待ちが普通。

 

 

四季はあるが冬が長め。

 

 

日本のご飯に慣れている日本人にとって、

ドイツ料理は意外と胃に負担がかかる。

 

ドイツに駐在している奥様方が一番悩ませるのが食事で、

ドイツ料理は重いと感じている人は実は多く、

移住して後悔する理由にもなっている。

 

 

逆にドイツのメリットは

社会保障が充実していることだろう。

 

子連れで移住の際は毎月子供手当があり医療費が無料、

大学は州によって異なるが大学の学費が外国人であっても

無料なところが多いことは、安心して子育てができる利点だ。

 

 

移住手続きは永住権を獲得する前に

長期滞在ビザを取得することになる。

 

 

留学やワーホリ、職業訓練学校に通う、フルタイムの仕事を見つける、

ドイツ人もしくはドイツに永住権を持つ人と結婚する、

フリーランスになることだ。

 

このフリーランスだが、絵を描いている、音楽を作っている、

写真を撮っているなどという、

フリーランスでもビザの取得ができる。

 

 

ドイツが芸術やアーティストにも

寛大だと物語っている。

 

 

 

まとめ。ドイツの転職について

 

ドイツでの就職・転職活動については、

ワーホリなどで現地へ来てから

就職先を見つけることが一般的。

 

だが、日本に居ながらでもエージェントやSNS、

インターネットからも活動は可能だ。

 

 

まず、ドイツ語が最初からできなくとも、

英語かドイツ語を日常会話程度は

できるといいだろう。

 

 

日系企業で働くとなっても一緒に働く人は

日本人ではなくドイツ人をはじめとする外国人。

 

コミュニケーションを取れなければ

仕事以外のプライベートでも

楽しむことができない。

 

 

ドイツは日本とどことなく

社風が似ているかもしれないが、

働くことと同じくらい休むことも大切にしている。

 

メリハリがあって仕事に没頭する日本よりも、

心にゆとりを持てる可能性があるかもしれない。

 

 

また、フリーランスにも希望がある。

 

ドイツで料理や写真、音楽、絵などの腕を磨いて、

その道で仕事をしていくことも夢ではない。

 

 

就職活動をするにしても

フリーランスで活動するにしても

日本での活動よりは厳しく大変だろう。

 

新しい自分に挑戦したい人は、

ぜひドイツで働くことをおすすめする。

 

 

ドイツ転職を考えている白駒。

自分と同じくシイタケが嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ