中国語の下ネタのフレーズ!エセ中国語(偽中国語)下ネタ(下ねた)単語の一覧と翻訳…中国語下ネタ(しもねた)


 

中国語の下ネタのフレーズを一つ覚えるなら「カンジャオ」。

 

ドン引きされるリスクは大きいが、

うまくいけばめくるめく体験ができるかもしれない(笑)。

 

 

より詳しい中国語の下ネタシリーズ、

 

現地に住んでも止まらない安定収入を得る

具体的な秘訣を知りたいなら

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

かつて、日本に旅行に来て

爆買いしていった中国人。

 

日本の街中で飲食店や

家電量販店などで働いている姿を

見ることも増えただろう。

 

 

しかし、中国人が話す中国語を聞いても

なにを言っているか

全く理解できない人がほとんど。

 

 

それでも、下ネタをいくつか知っていると

夜遊びや、中国人のパートナーができた時に役に立つ。

 

そこで、この記事では中国の言葉や

下ネタのフレーズに触れていきたい。

 

 

 

下ネタ中国語…下ネタ(下ねた)、フレーズや単語を一覧で!意味、早漏や女性器、女とアナルセックス、中国語気持ちいいなど記事で紹介

 

中国語での

下ネタフレーズや単語を

一覧で見ていきたい。

 

 

・男性器:ジーバー

 

・女性器:ビー

 

これは、

中国でABC~と言うと

勘違いされてしまいそうだ。

 

 

・早漏:ザォジィェ

 

余談だが、

中国人は早漏が多いようだ。

 

前戯もほとんどなく、

淡泊なセックスをする。

 

挿入から射精までも早く、

男性は自分の満足を求めている傾向がある。

 

 

・アナルセックス:カンジャオ

 

どこの国でも

アナルセックスは行われているのは

興味深くもある。

 

 

セックスしているときに

使えるフレーズもある。

 

 

・気持ちいい?:シュアンマ?

 

これは絶対に必要な言葉だ。

 

日本人は、

全く聞きなれない言葉だろう。

 

 

初めて聞く言葉だと、

日本で使われている下ネタに比べて、

生々しさを感じないだろう。

 

しかし、どこの国でも

下ネタは会話を

盛り上げるために使われている。

 

 

 

中国語のしもねた(下ネタ、下ねた)、中国語下ネタ(中国語しもねた)…中国人の下ネタってどんな感じ?

 

中国人旅行者や労働者、留学生など、

中国人と出会うことが増えてきている。

 

その中で中国人との

交友関係ができる

場合もあるだろう。

 

 

そこで、中国人女性と食事など

話すことがあるときに

注意しておいた方がいいことがある。

 

 

中国人女性の特徴は、

下ネタを表で話すのを嫌うこと。

 

あからさまに嫌な顔をしたり、

黙り込んでしまう。

 

文句を言われることを

覚悟しておいた方がいい。

 

 

場の空気も

つぶしてしまうので、

下ネタは避けよう。

 

しかし、カップルとなると

卑猥な下ネタを話すことも

嫌がることはない。

 

 

中国人女性と下ネタを話す際は、

多くの人の前で話すことはやめて、二人きりの

関係になるまでは控えておくことが良いだろう。

 

 

 

エセ中国語(偽中国語、えせ中国語)とエセ中国人の下ネタ…ピンガなど。台湾語やスペイン語の下ネタは?

 

エセ中国語は

インターネット上で存在している。

 

掲示板やチャットなどで

使用されていることが多い。

 

 

パッと見た感じは中国語にようだが、

本物の中国語とは全く違う、偽中国語だ。

 

 

日本で使われている漢字だけを

使っているのがエセ中国語だ。

 

 

例えば「真抱歉」

 

この言葉は中国語で

「申し訳ありません」

という意味である。

 

 

しかし、

これをエセ中国語で表すと

「申訳無」となる。

 

意味を聞くと

クスッと笑ってしまう

ユーモアさがある。

 

 

話が変わるが、

台湾語やスペイン語の

下ネタは知っているだろうか。

 

 

台湾語では「親親」と書いて

ちんちんと読み、

キスを意味している。

 

下ネタのような、

違うような感じだが、

日本人は少し言いにくい言葉だ。

 

 

スペイン語では

下ネタはよく使われていて、

苛立ちを表現する時も使う。

 

 

・ベルガ

・ピンガ

・カラホ

 

これらは全て

男性器のことを意味している。

 

 

しかし、これらを

「クッソー」と日本人が言う感覚で

叫ぶのがスペインだ。

 

意味を知っていると面白いだろう。

 

 

 

中国語が下ネタに聞こえる?下ネタに聞こえる外国語と下ネタ

 

海外の言葉が

下ネタに聞こえたことは

ないだろうか。

 

 

日本人同士で話していても、

方言が下ネタに聞こえることもある。

 

 

外国語としては普通でも、

日本人にとっては

おかしいときがある。

 

それはもちろん

発音の違いなども

あってのことだ。

 

逆の立場もある。

 

 

日本人が海外に行ったときに

日本語で話していると、

海外の人からは外国語だ。

 

日本語で喋っている言葉が

海外の人からすると、下ネタに聞こえていたり、

ひどい悪口や暴言に聞こえることもあり得る。

 

 

それが起きる理由は簡単。

 

みんな知らない言葉の一部だけ

聞きなれた言葉に聞こえる

ということが起きるからだ。

 

仕方ないことだが、

トラブルにならないよう気を付けたい。

 

 

もちろん中国語が

下ネタに聞こえることもある。

 

中国では「チン」という発音が多く、

日本人からすると下ネタに聞こえるだろう。

 

 

 

日本語が外国で下ネタに?スペイン語でちんこと聞こえる…下ネタに聞こえる方言など

 

外国人の前で普通に日本語を

使うときには注意が必要である。

 

外国人にとって下ネタに聞こえる

日本語は数多く存在するからである。

 

 

フランスやイタリアでは、

乾杯をするとき相手の目を見つめて

「チンチン」という。

 

目を見つめたいなかったりすると、

この先7年間良いエッチに

巡り合えないという噂もある。

 

 

ベトナムでは鳩の事を「chim bo cau」、

カタカナにすると「チンポコ」である。

 

 

綺麗という言葉はタイ語で「ブス」という意味になり、

ベトナムでは「汚い」という意味に

捉えられてしまうので注意が必要である。

 

 

ちんこと聞こえるスペイン語もある。

 

日本語でもよく使う「ちょっと」という言葉。

 

 

これはスペイン語では男性の性器である

「ちんこ」という意味のスラングである。

 

 

ちなみに「ちょうちょ」という言葉は

スペインでは「女性器」の事を指す。

 

スペイン人に何か歌ってと頼まれた時は

童謡の「ちょうちょ」なんて選曲を

してしまったら目も当てられない。

 

 

スペイン人と出会う機会がある時は

ネットで「スペイン語 単語一覧」と検索し、

事前に言葉を調べることをお勧めする。

 

 

ちなみに、日本にも

下ネタに聞こえる方言が数多くある。

 

 

愛知県や徳島県などでは

とても熱い時には「ちんちん」と言う。

 

大分県では殴ることを「ちちまわす」。

 

山形県では仲間に入れて欲しい時は

「はめて(で)欲しい」と言う。

 

 

外国語や方言を知らないと

思わぬところで赤っ恥をかく羽目になる。

 

時と場合を意識して使って、

会話を楽しんで欲しい。

 

 

 

中国セックス…台湾や三重の夜遊び、セックスのコミュニティ

 

中国の風俗やキャバクラ等で

夜遊びを楽しみたいのであれば、

予算は女の子によって変わるが約2万円。

 

日本とさほど変わらないが、

それに見合ったルックスや技が期待できる。

 

 

台湾では、独特の文化があり、風俗やデリヘル他、

台湾マッサージや台湾式クラブなどの

名前は聞いたことがあるだろう。

 

 

予算は2万から4万円くらい。

 

これ以下の値段だと急にはずれに

当たる確率が上がるので注意である。

 

 

夜遊びを満喫したいなら

ある程度の予算は必要である。

 

 

台湾には「台湾141」という

風俗の紹介業者がある。

 

LINEからの連絡なら

日本語対応も可能であるので

利用を検討するのも手である。

 

 

その他セックスコミュニティを

見つけるためのアプリもある。

 

だが、その手軽さゆえ

危険もないわけではないので

利用には気をつけて欲しい。

 

 

夜遊びではナイトクラブという選択もある。

 

 

台北にはOMNIとWAVEという、

有名なナイトクラブがある。

 

 

OMNIは海外の有名なDJを

招集したイベントを定期的に行っており、

集客率も高い。

 

 

WAVEはOMNIに比べ料金が若干安く、

若い層が多く利用している。

 

若者の盛り上がりを好む人はお勧めである。

 

 

費用は3000円前後で夜明けまで楽しめる。

 

夜遊びの費用を低く抑えたい、

また一般人と知り合いたいのであれば

ナイトクラブも視野に入れてみてはいかがだろうか。

 

 

また、台北郊外の三重市には「三和夜市」という

毎日がお祭りのような雰囲気の

夜市が開催されている。

 

活気あふれる夜の街、

買い物好きの方はこちらを

訪れてみてはどうだろうか。

 

 

 

番外編1:女性口説き文句、脈なしの勘違いや脈ありの態度

 

女性の口説き文句の基本は、

相手の認証欲求を満たすこと。

 

そして、自分と一緒にいると

女性側に利益がある事を

スマートに匂わせることである。

 

 

これが上手くいけばあなたの

好感度はグンと上がるだろう。

 

 

定番としては容姿を褒める、頑張りを認める、

相手が自分にとって大切な存在だという事を

言葉で伝えるなどである。

 

これは、相手の性格やその場の状況など、

様々な要因を考慮してベストなタイミングで

伝えることが必要ではある。

 

 

女性側が脈ありの時に出す態度として、

近い距離での会話をしてくる、ボディータッチをする、

視線が合うと笑顔をくれるなど。

 

会話では、あなたのプライベートを聞きたがったり、

共感や同意、見た目を褒めるなどの言葉が

脈ありのサインである。

 

 

逆にこのようなサインがなければ脈なしである。

 

 

勘違いしてはいけないのは、

風俗やキャバクラなどでの女性の態度である。

 

お店で働く女性は相手に気に入ってもらうため、

このような態度を自然に振る舞う事を

スキルとして持っている。

 

 

酔った勢いで勘違いし、

ハマってしまって気が付いたら財布が空っぽに、

ということも良くある話である。

 

 

 

番外編2:嫌われる覚悟で彼氏に…前戯の方法と気持ちいいセックス

 

時には強引に目当ての女性に

迫ることも必要な場合がある。

 

 

目当ての女性に自分のモテる

口説きの技術を総動員してみたが

無しのつぶて。

 

そんな場合は嫌われる

覚悟をもって勢いに任せてみる。

 

 

中には、その強引さに

引き込まれてしまう女性も

少なからずいるからである。

 

 

強引にとは言うが、相手に危害を与えたり、

不快な気持ちにさせない事が大前提である。

 

 

これが上手くいき、

目当ての相手と

めでたくベッドイン。

 

ここからが一晩だけの関係で終わるのか、

彼氏彼女の関係になるのかの

ターニングポイントである。

 

 

ベッドでは優しく、相手を

喜ばせるセックスを心掛けるのである。

 

 

強引な人がベッドの中では甘く優しい、

このギャップが女性を落とすには必要である。

 

最高に気持ちのいいセックスを提供しよう。

 

 

すぐに本番に臨みたい気持ちは分かるが、

相手を大切に思う気持ちがある事を最大限に伝えるためには

前戯に時間をかけることが大切である。

 

 

スローセックスという言葉がある。

 

時間をじっくりかけて相手を

絶頂へといざなう方法である。

 

 

相手にも大きな快楽と、

大切にされているという

愛情が伝わる。

 

そのやり方は「スローセックス」と検索すれば

たくさん見つけることができる。

 

 

お目当ての相手と長く良い関係を続けるためには、

急がず焦らずゆっくりと愛を育んでいって欲しい。

 

 

 

まとめ…気持ちいいなど中国語の下ネタフレーズや下ねた一覧、スペイン語下ネタなど

 

 

子供も大人も、そしてどこの国でも

盛り上がれるネタと言えば「下ネタ」だろう。

 

始めた会った者同士、下ネタで

意気投合することも少なくない。

 

 

海外にも、盛り上がれる

下ネタフレーズは数多く存在する。

 

ここでは、下品な言葉に聞こえる日本語や外国語、

中国の夜遊びについてなどを紹介した。

 

 

使うべき時と場所は選ぶが、

誰でも盛り上がれる下ネタフレーズを覚えることで

他国の人とぐっと近づけるきっかけになれるだろう。

 

 

下ネタも、時と場所を間違えず

スマートに使いこなせれば

女の子を楽しませることができる。

 

 

自分の友人にそれが上手いやつがいる。

 

なぜか彼が下ネタを言っても

いやらしく聞こえないのである。

 

 

下ネタがさわやかに聞こえるのである。

 

そのトーク力で女の子と

すぐに仲良くなるのである。

 

 

女の子と出会える場所はたくさんある。

 

あとは、相手をどれだけ楽しませることができるか、

あなたが相手にとって有益な人間であると、

どれだけ伝えることができるかが重要なのだ。

 

 

そこから相手との良い関係が生まれてくるのである。

 

 

中国人の女性は

下ネタを人前で

話すことは好きじゃない。

 

それを知らずに下ネタを話すと

明らかに態度に出される。

 

 

日本語ではふつうだと思っていたことが

海外では下ネタや暴言に

聞こえることもある。

 

その反対に、

日本で外国語を聞くと

日本の下ネタや暴言に聞こえることもある。

 

 

それらは知らないだけで、

悪気があって言っているわけではない。

 

しかし、トラブルには気を付けたい。

 

 

自分自身、

外国で日本語を話しているときに

現地の人に笑われた経験もある。

 

エセ中国語は、

ユーモアがあって面白いので、

いろんなパターンを考えてみるのもいいだろう。

 

 

大連でIT企業に勤める中嶋。

自分と同様、ネガティブの星から来た男だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. もよこ より:

    中国の女性に限らず、人前で下ネタを話すのは好きじゃない女性は多いと思いますよ。
    日本人だって、仕方ないので愛想笑いをして「やだぁ~」なんて言ってるけど、
    内心は「このおっさんサイテー」なんて思ってますから。

  2. ののっち より:

    同じ言葉が地域によって意味が変わってしまうのは、もう笑うしかないですね。
    北海道育ちの私の同僚は、群馬県に行った時に街中に大きく「だんべ」と書いてあって驚いたそうです。
    北海道の方言で女性器をあらわすそうです。群馬では「~だよね」の意味です。

  3. ゆずくんのママ より:

    ディープなものでなく「ちんちん」「うんこ」程度の軽く子どもでも言うような下ネタなら
    使うのもありですね。
    日本の小学生男子は「ちんちん」「うんこ」大好きですが、やっぱり外国の子も好きなのかな?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ