富山に移住して失敗?仕事の後悔と差別、おすすめ…富山移住と2ch、50代と有名人。富山移住失敗を避ける知恵


 

富山県ゆかりの

有名人も少なくない。

 

だが、実際に移住したり住んでいる人は

どのような暮らしをしているのか

実態が良く見えてこない。

 

 

そこでこの記事では、

富山移住に後悔や失敗しないために

デメリットなどを紹介する。

 

 

 

富山に移住して失敗?デメリットは

 

日本国内でも都会の雑踏から抜け出して

田舎でのんびり暮らしたいと考える人が増えた。

 

そういった人たちを受け入れて

人口増加を促し、

地域活性化をはかる自治体が増えている。

 

 

富山県は北陸に位置する

日本海に面する県で、

石川県と新潟県の間にある。

 

 

東京へも大阪へもアクセスが良く、

海へ出るのも山へ行くのも距離が近い。

 

アウトドア好きには

もってこいだ。

 

 

移住する人にも

仕事をする人にもメリットがある、

富山県独自の移住支援制度が設けられている。

 

 

移住は、富山に限らず

失敗や後悔している人が居る。

 

 

「富山移住失敗」や

「富山移住後悔」など、

検索すればたくさん出てくる。

 

その地域のメリットとデメリットを

事前にきちんと

調べておく必要がある。

 

 

富山移住は人気があるのは確かだが、

富山移住した有名人はあまり聞かない。

 

富山出身の柴田理恵や室井滋など、

有名人が富山をアピールはしているものの、

実際は首都圏に住んでいる人が多数だ。

 

 

人混みが嫌いな人や電車通勤に耐えられない人は、

富山県は人口密度も低く、

車社会なので解放されるだろう。

 

 

富山県に住む際に気を付けたい

デメリットといえば、

 

 

・雨や雪が多く寒い

 

・公共交通機関の運行本数が少ない

 

・娯楽施設が少ない

 

・地方ならではの風習

 

・地域のコミュニティーへの参加

 

 

雪に関しては身長よりも

高く積もることもある。

 

雪と無縁の生活を

過ごしてきた人には

辛いかもしれない。

 

 

自分も冬が苦手なため、

雪と聞いてゾッとしたが、

これも実際に目にしてみないとわからない。

 

ただ、富山移住した人の後悔の項目には

必ずといっていいほどランクインしている。

 

 

また、江戸時代から続く

被差別部落の問題を

抱えている地域でもある。

 

2016年に部落差別の解消の推進に関する法律が

成立・施行されたものの、富山県下最大の

同和地区と言われる地域も存在する。

 

 

これは富山県に限ったことではないが、

富山県は差別のない社会の

実現に向けて取り組んでいる。

 

 

 

 

 

 

富山に移住、仕事はある?

 

富山移住を40代や50代からで

果たす前に考えなければならないことは、

生活費源にもなる仕事をどうするか。

 

 

2018年の統計によると、

富山県の平均年収は447.4万円。

 

全国平均は420万円なので

平均的には高いといえる。

 

 

2020年度有効求人倍率は

富山県は1.57倍。

 

全国は1.45倍なので、

こちらも富山県は

求人がある方だといえる。

 

 

仕事を探すときのおすすめは、

富山県が行っている「富山県移住支援制度」にある

求人から探す方法だ。

 

 

この制度は

東京23区からの

移住者のみに適用される。

 

だが、移住支援金の支給や

支援金の対象求人があり、

その求人先の企業から仕事を探すことができる。

 

 

大手医薬品メーカーの本社もある富山県だが、

知名度や年収にこだわらないことが

移住に伴う仕事探しの基本だ。

 

 

富山県は子育てもしやすく、

自治体によるが中学生まで医療費無料などの

子育て支援制度も豊富だ。

 

 

富山市をはじめとする

自治体別にも支援制度が豊富。

 

住みたい自治体が見つかれば

詳しく調べることをおすすめする。

 

 

富山移住に関する2chで

質問してみてもいいかもしれない。

 

 

また、富山県では公共交通機関の運行本数が

1時間に1本なども普通なので、基本的に車移動だ。

 

運転免許は必ずといっていいほど必要になる。

 

 

車社会なわりには

交通事故件数が少ない地域だ。

 

首都圏に住んでいると

車を保有していない場合があるので、

車の購入のための資金も必要になるだろう。

 

 

 

まとめ。富山へ移住して失敗する理由

 

富山県は海にも山にも恵まれていて、

魚介類の食べ物が得に美味しい地域だ。

 

大手チェーン回転寿司店のネタでさえ、

地域によっては鮮度や味が違うようだが、

富山県は美味しいと評判。

 

 

マリンスポーツも登山やスノボなど、

ウィンタースポーツも楽しめる。

 

アウトドアが好きな人には

自然豊かで癒されるだろう。

 

 

しかし、

東京や大阪にはアクセスが良くても、

毎日通えるという距離ではない。

 

 

田舎は世間が狭いので、

悪い噂など広まると

あっという間に近所に知れ渡る。

 

 

一度富山県に足を運んで雰囲気や空気を感じ、

移住制度について話を

聞いてみることもおすすめする。

 

移住してから後悔するのは

誰でも避けたい。

 

 

そのためには何回も言うが、

現地に足を運んで

自分の目で確かめてほしい。

 

何度も足を運ぶことが難しい場合は、

有楽町と大阪、富山にオフィスを構える

「富山くらし・しごと支援センター」に出向くのもいいだろう。

 

 

富山に移って快適に暮らす城嶋。

自分と同様、満員電車や待つことが心の底から嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ