東京へ移住、おすすめは?自由に働く仕事(東京都内)、東京から出たい?貸地と東京への転勤、東京移住の後悔…トーキョーダイブの家賃補助【2020年最新】


 

東京への移住は、自然災害を考えるとそもそも

おすすめできないのだが・・・

 

少なくとも、湾岸から近いエリアや埋め立て地は避けてほしい

 

 

東京出身者による移住の詳細な情報、

田舎や海外に住んでも入り続ける安定収入を得る

具体的な方法は、以下の無料ニュースレターより。

 

ご質問もお気軽にどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

日本が誇る、電気メーカーや

通信業に銀行など名だたる大企業が

数多く所在している東京。

 

誰しもが一度は東京で働きたいと

憧れた経験を持っているのではないだろうか。

 

 

東京本社の企業も多く、

東京で働いているだけで自身のキャリアや

ステータスも高く感じ手しまうこともあるだろう。

 

 

のんびりした時間が流れる地方や田舎に住む人にとって、

分刻みのスケジュールにバリバリと

仕事をこなしていく東京は眩しい世界かも知れない。

 

しかし実際には東京から

出たいと思う人も少なくない。

 

 

そこで現在の東京での

ビジネスライフはどのようなものなのか。

 

これから働く人に

有益になる情報を覗き見したい。

 

 

 

東京へ移住、都内で一人暮らし…独身の引っ越しにおすすめは?家賃5万円の地域など

 

東京での就職内定や

東京への栄転勤務など。

 

今の住まいから独立したり

単身赴任生活を余儀なくされた場合に

考えなければならないのが「住まい」になる。

 

 

初任給でのやりくりや家族の生活費など、

どちらも出来れば出費を押さえたいところである。

 

 

そこで一ヶ月の生活費の中で一番お金のかかる

「住居」にスポットを当てて紹介していこう。

 

まずは注目すべきものは住まいのエリアだ。

 

 

東京は同じ大きさの家の間取りや設備でも、

エリアによっては毎月の家賃が

数万円も違ってくるのである。

 

 

家賃が高いのは、表参道や青山や、

様々な線の地下鉄が通る

交通の便がよいエリアなどがあげられる。

 

そのため首都やそういった話題のエリアから

少し離れた場所で探すのがベスト。

 

 

家賃5万円の地域で

おすすめしたいエリアは

大泉学園である。

 

現在このエリアでは再開発が進んでおり、

単身向けの物件が豊富になってきている。

 

 

賃貸の方も安い場所で月3万円台からあり、

就職して間もない新社会人の若者も

家賃の負担の軽減につながる。

 

 

また少し物件によっては

値段が跳ね上がってしまうが、

亀有もオススメだ。

 

JR常磐線が通っているため、

オフィス街の北千住や大手町などに

出られるため交通の便は良好。

 

 

また駅周辺に

大型のショッピングモールもあり、

利便性も問題なし。

 

ただ一点残念なのが、

家賃が平均1Kで6万円ほどと言われているため、

少し割高になるのがネックである。

 

 

しかし、築年数やユニットなど

少し希望ランクを下げれば、

5万円台の家賃もつけやすくなる。

 

 

 

東京で自然が多いなど住みやすい街 安い…東京で子育て、ファミリーで住むなら

 

独身、夫婦、ファミリーなど

家族構成により住みたいエリアに

変化が現れる。

 

それは住まいのエリアの環境や

治安に重点が変わっていくのだ。

 

 

独身時代であれば通勤に便利な駅近物件で、

バスとトイレがセパレートタイプ。

 

また家賃のリーズナブル差などに

重点を置いた部屋を

探していたかと思われる。

 

 

しかし、夫婦になり、家族が増えると

その考えはシフトチェンジされる。

 

妻や子供にとって

住みやすい街に的を絞り

部屋を探すようになる。

 

 

だが、あれもこれもとなってしまい、

どこに重点をおいて部屋探しをすべきか

悩んでしまうファミリーも多い。

 

そこで実際にファミリーは

どこに的をおいて部屋探ししているのかを

まずはチェックしてみよう。

 

 

・病院や公共施設の充実

・公園など自然の多いところ

・医療費や幼稚園などの補助

 

 

特に多かったのが、

上記3点だった。

 

 

確かに住まい自体はは良くても、

周りの環境か良くなければ

不便でしかたがない。

 

住みやすさは周りの環境によって

ぐんと変わってしまう。

 

 

ではどこのエリアが

ファミリーにとって

住みやすい街になるのだろうか。

 

ここで様々な住宅情報より

口コミや評価を確認し、さらに人気のエリアを

自分が厳選して2つに絞ってみた。

 

 

・練馬区【緑被率区内1位】

 

区内にある石神井公園は緑豊かで

四季折々の風景を楽しめ、

子供の好きなやアスレチック広場もある。

 

デートにも最適なボード場も併設。

 

 

自然だけでなく

預かりや保育などの施設や

サポートも充実している。

 

 

・江戸川区【公園面積23区内1位】

 

町中には大きさ問わずではあるが、

あちらこちらに公園が点在しており

子供達の遊び場に困らない。

 

なんとその公園の数の多さは

23区内において1位に輝いている。

 

 

他にも子供達の学び場にもなる図書館や

スポーツセンターなどの公共施設も充実している。

 

子供の子育てや教育に

とても良いエリアだ。

 

 

何よりも上記二つのエリアは

東京23区の家賃相場よりも比較的安い。

 

2LDKで12から13万円前後の

価格設定になっているのだ。

 

 

 

東京に移住、自由に働くには仕事は?転勤なし(東京都内)など…東京移住した50代の有名人も

 

東京に本社を置く企業となると、

子会社や営業所を設けている所がほとんど。

 

そうなってくると

必然的について回るのが転勤である。

 

 

独身や夫婦であっても大変なのに、

子育てファミリーには

とても厳しい現状である。

 

幼い頃ならまだしも

幼稚園や小学生になると

友達との関係を築いていく時期だ。

 

 

折角出来て楽しくなった友達によって

楽しく感じてきた学校や幼稚園を離れるのは

小さい子供にとって酷なことであろう。

 

仕事の職業にもよるが、

出来るのであれば転勤がなく、

縛りのない仕事に就きたいと自分なら考えてしまう。

 

 

そんな希望にになるべく添った

自由に働ける仕事なんて存在するのだろうか。

 

 

いくつかの転職サイトをチェックしてみたが、

基本的にそのような仕事は

アルバイトやパートに多く見受けられた。

 

正社員に枠を狭めてみると

SEやプログラマー、など

ベンチャー企業系のものが多い。

 

 

他には翻訳家、セラピスト、ライターなど

専門に特化した職業が目についた。

 

 

しかし自由に働ける仕事と言えども、

納期や締め切りは設けられているので

縛りはあるのをお忘れなく。

 

 

また地方出身ながら東京に移住し、

活躍している50代の有名人も数多くいる。

 

例えば宮藤官九郎は年齢50歳にして

マルチに活躍をしているが

出身は宮城県である。

 

 

 

東京から出たい!東京移住の後悔と東京移住失敗…コロナの差別や2ch

 

芸能人のように

華やかな活躍をしている人は

ほんの一握りでしかない。

 

夢見て東京への移住を決めたが

数々の立ちはだかる壁にぶつかり、結果

思い描いていた世界とは違っていたと感じる人が多いのだ。

 

 

例えば田舎から出てきた人の場合、

ガラッと変わった街の風景に初めは

心踊らせたものの居心地が悪く感じることも。

 

 

2020年、世間を脅かす新型コロナウィルスにより、

東京に移住だけで感染源だと

地元に帰れば差別を受けることがあるという。

 

 

また東京から地元へ戻った際に、

地方での感染者となってしまった人などは

名前だけでなく勤め先や住所まで事細かく調べあげられる。

 

2chなどでは誹謗中傷の

書き込みでいっぱいになり、

そのレッテルはなかなか剥がすことが出来ない。

 

 

東京を出たいも思いつつも、

地元に帰れない人が大多数いる。

 

 

 

貸地など東京の土地利用。トーキョーダイブの家賃補助、移住で家がもらえる?2020年の情報

 

全国的に見て年収の高い東京だが、

その分支出も全国と照らし合わせると

割高になっているのだ。

 

 

例えば家賃や駐車場など。

 

 

田舎の方で1Kを借りると、

7万円もあれば充分な広さに

設備が整った部屋を借りることが出来る。

 

だが、東京ではその考え方は

全く当てはまらない。

 

 

例えば人気のエリアで1Kで

部屋の広さ20㎡を借りようとすると、

毎月10万円程を見積もっておいた方が無難である。

 

月々の給与から毎月10万円の家賃がかかるとなると、

他の費用を考えればかなりの額を

収入で得なければならない。

 

 

上京を考える若者にとって

この出費は痛手になる。

 

 

そんな時に救いの手となるのが

「トーキョーダイブの家賃補助」だ。

 

あまり聞きなれないかもしれないが、

上京を目指す人に仕事や

住まいのサポートを担う会社である。

 

 

様々な職種の中より

自分にあった仕事を見つけるサポートを行い、

決まった際には家賃補助など受けられる。

 

 

東京都でありながら

驚く補助や制度がある町が

東京都奥多摩町である。

 

土地付き住宅を

無償で譲渡していると言う。

 

 

過疎化が加速してきた奥多摩町にとって、

若い家族の定住化は念願のものだある。

 

これには移住者だけに

メリットがあるわけではなく、

勿論受け入れる側にもメリットがある。

 

 

土地や空き家は

そのままにしておけば、

メンテナンスは必須。

 

そのために手間がかかり、

維持費や税金と費用は高く、活用しなければ

ただの負の財産になってしまうのだ。

 

 

 

東京に転勤…単身赴任の東京ってどう?

 

最後にファミリーになると

家族全員が引っ越しするのが難しくなり、

単身赴任をする家庭も少なくない。

 

しかし、これには

メリットもあればデメリットもある。

 

 

かなり慎重に判断しなければ

後々後悔する局面になる

可能性だってあるのだ。

 

それぞれに思うメリットと

デメリットを調査してみた。

 

 

・メリット

 

子供がいた場合、

折角仲良くなった友達と

さようならする必要がない。

 

妻の家事が軽減される。

 

 

・デメリット

 

単身することにより光熱費や家賃など、

今までよりもかなり

固定費が嵩んでしまう。

 

 

家族がなかなか揃わない。

 

 

夫の家事負担が増える。

 

 

それぞれに

メリット&デメリットが増える。

 

 

 

まとめ。東京に移住でおすすめのエリアは

 

東京都で仕事をするというのは

それなりの年収があるため、

仕事にもやりがいがある。

 

そのためバリバリと

働きたいと思う人にとっては

憧れの都市であろう。

 

 

だが、家族構成によって

考え方は色々変わってくることを

念頭に置いておかなければならない。

 

東京に住むことの

メリットとデメリットを照らし合わせて

答えを見つけるべきである。

 

 

東京からの移住を検討している足立。

自分と同じく、女子を喜ばせることに情熱を感じる男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ