突発性難聴の芸能人、歌手…治った人も多い?完治したかなど最近の様子、まとめ。病気のその後。


 

堂本剛のように、突発性難聴に苦しむ芸能人は

歌手にも少なくない。

 

 

最善の健康を維持する方法、

ブログを手段にして

経済的・時間的に自由になるには

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

突発性難聴とは、突然に耳の一方、

または両方が聞こえづらくなる病気である。

 

難聴に分類されるが、

はっきり原因がわからないものを

総じてこう呼ぶ。

 

 

突発性難聴で苦しむのは、

有名人、芸能人、耳が仕事道具の一部である

歌手の中にもたくさんいる。

 

今回は突発性難聴について紹介していく。

 

 

 

突発性難聴は芸能人や歌手に多い病気?詳しい症状や治療法、予防法、かかりやすい人など

 

突発性難聴という病気について、

詳しく紹介しよう。

 

 

まず、突発性難聴とは突然に

耳が聞こえづらくなる疾患である。

 

難聴に分類され、

幅広い年齢層に見られるが、

特に多いのが40から60歳代。

 

 

前日はいつもと変わらなかったのに、

突然に難聴の症状が出るところが

この疾患の特徴である。

 

 

治療法としては、内服や

点滴の副腎皮質ステロイド薬による

薬物療法が中心になる。

 

また、血管拡張薬(プロスタグランジンE1製剤)や

ビタミンB12製剤、代謝促進薬(ATP製剤)

などを使うこともある。

 

 

ストレスの影響が考えられるときは、

安静にして過ごすことが一番になる。

 

十分に回復しない場合や全身投与が難しい場合は、

耳の中にステロイドを注入する「ステロイド鼓室内注入療法」

というものを行う場合もある。

 

 

だが、その効果に対する評価はまだ定まっていない。

 

 

発症後1週間以内に適切な治療を受ければ、

約40%の人は完治。50%の人で、

なんらかの改善がみられる。

 

 

ただし、治療開始が遅れれば遅れるほど

治療効果が下がり、完治が難しくなってしまう。

 

おかしいと感じたらすぐに

病院にいくことをお勧めする。

 

 

突発性難聴にかかりやすい人は、

ストレスを溜めている人や

過労、睡眠不足の人などとされる。

 

また糖尿病もなんらかの形で

関係しているのではと言われている。

 

 

この病気は自分の体を大切にしない事による、

体からの危険信号の一つなのかもしれない。

 

 

突発性難聴にならないようなはっきりとした

予防法はないが、バランスの良い食事や

十分な睡眠、耳への過度な刺激を与えないこと。

 

過度な飲酒、喫煙、ストレスに

注意することが大切とされる。

 

 

自分の体を大切に扱っていれば

大丈夫ということである。

 

 

 

突発性難聴の芸能人や歌手。完治(治った)など最近の様子のまとめ

 

突発性難聴になったとして様々な芸能人が

それを公開しニュースにもなったりしているが、

その後どうなったかを調べてみた。

 

 

歌手で活動している

堂本剛(ENDRECHERI)も

突発性難聴である。

 

薬を飲んだり、耳栓をしながら

音楽活動は継続中。

 

だが、薬で症状は抑えることができるが、

完全によくなることはないとのことである。

 

 

歌手の浜崎あゆみも突発性難聴になり、

その後左耳の聴力が弱くなっている。

 

 

疾患の度合いや発症してから治療に当たるまでの

タイミングによって完治まで時間がかかったり、

後遺症がこのってしまう場合もある。

 

突発性難聴の場合は発症後

48時間がラインと言われている。

 

 

突発性難聴にかかったいろんな

芸能人の記事をみてみたが、

完全に治ったという人はいない。

 

治療中であったり、片方だけ

後遺症が残ったりしている場合が多かった。

 

 

最近でも、芸人のたむらけんじが

突発性難聴になったと公表していた。

 

芸能人でもこの疾患を患う人は

少なくないのであろう。

 

 

気になる方はまとめサイトで検索すると

たくさんの芸能人、歌手が見つかるだろう。

 

 

 

まとめ。突発性難聴の芸能人の歌手について

 

突発性難聴について紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

自分の体や心を自分のキャパシティー以上に

酷使することで出現する病である。

 

自分では気がつけないから

体が変調として

教えてくれるのだろうと思う。

 

 

一生懸命になる時期も、

ゆっくりと休み時期も丁度よくもうけて、

自分の体を大切にしながら仕事も楽しみたい。

 

長い人生、元気にゆっくりと

歩いて行きたいと思っている。

 

 

一時期、謎の軟調に苦しんだ相原。

自分と同じく太りやすい体質に悩む(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ