豆乳は太る?男やバストアップ(30代が牛乳と豆乳を毎日)、牛乳飲み過ぎ太る…知恵袋(効果や男が豆乳太る話)


 

豆乳で太る(特に男に)という噂があるが・・・

豆乳自体で太ることはない

 

これは「プロテインで太る」という誤解と同じだ。

 

 

豆乳の正しい活用法、

体質改善と経済的自由を同時に実現する手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

豆乳は近年女性に人気がある飲み物。

 

 

豆乳は太るという噂があるが本当なのか。

 

よく豆乳と牛乳を比べられているが、

この2つはどのようなものなのだろうか。

 

 

女性に人気があるといわれているが、

男性には何か効果はあるのだろうか。

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

豆乳は太る?牛乳の効果、男の場合…「豆乳太る」の噂

 

あらゆる食品や飲み物などは、

日本農林規格いわゆるJASで定義されている。

 

 

JASでは、豆乳とは

 

大豆から熱水等によりタンパク質その他の成分を溶出させ、

繊維質を除去して得られた乳状の飲料

(大豆豆乳液と言う)であって、大豆固形分が8%以上のもの

 

と定義されている。

 

 

簡単に言うと、

大豆を水に浸してすりつぶし、

水を加えて煮詰めた汁をこした物。

 

 

豆乳は太るといわれているが、

この情報は間違いだ。

 

むしろダイエット効果に

期待ができるものだ。

 

 

豆乳は、植物性のたんぱく質の飲み物。

 

 

動物性のたんぱく質の飲み物である

牛乳よりも脂質分が少なく、

コレステロールがない。

 

カリウムやマグネシウムも多く含み、

牛乳にはない大豆イソフラボンが含まれる。

 

 

このイソフラボンは、ホルモンバランスを保って

肌の新陳代謝や体脂肪燃焼による

筋肉の発達、腸内環境を整える。

 

育毛効果など、女性ホルモンに似た働きを

してくれるので女性に注目されているのだ。

 

 

もちろん男性への効果も期待できる。

 

 

豆乳も牛乳も良質なたんぱく質を含むが、

牛乳は豆乳よりも脂質分が多く、

コレステロールがあるがカルシウムを多く含む。

 

人間が吸収しにくいカルシウムの吸収率が良く、

含む量も多いので、的確にカルシウムの効果を

得ることができる身近な飲料だ。

 

 

 

バストアップ、牛乳と豆乳なら?30代と豆乳

 

豆乳と牛乳にはバストアップの効果を

得ることができるのだろうか。

 

 

豆乳には大豆イソフラボンが含まれている。

 

このイソフラボンが女性ホルモンと

似た働きをしてくれるため、

バストアップにも効果があるといわれている。

 

 

牛乳にはイソフラボンは含まれていないので

バストアップの効果は得られないと考えられる。

 

 

イソフラボンは、乳がんの発生リスクを減らしたり、

生理痛をやわらげてホルモンバランスを

保ってくれる効果も期待できる。

 

ビタミン類がたくさん

含まれていることから

美肌効果もあるとされている。

 

 

世間でお肌の曲がり角といわれる

30代の女性にはおすすめしたい。

 

1日200mlくらいを目安に飲むことが

それぞれの効果を取り入れるコツだ。

 

 

 

牛乳や豆乳は太る?知恵袋の話題

 

牛乳や豆乳は太るという話題は

質問サイトで盛り上がっている。

 

 

ヤフーの知恵袋では、

男性や女性に関わらず

牛乳や豆乳に関しての質問が多い。

 

 

2020年7月11日の知恵袋で、

健康的に太るためにはどうすればいいか。

 

ダイエットとは逆の太りたいために

豆乳はどうかという質問があった。

 

 

また、2005年9月16日の知恵袋では、

太っている人は豆乳や牛乳を

飲み過ぎなのかという質問もあった。

 

 

その解答では、太ってる方の大半は

豆乳や牛乳の飲み過ぎで

太ったとは思えない。

 

もっと他に太りそうなものを

気にするべきだという

コメントをする人もいた。

 

 

まさにそのとおりだ。

 

 

牛乳や豆乳はカロリーが高い

飲み物だといわれているため、

太るという発想になる人が多い。

 

だが、カロリーが高いからといって

直接的に太る原因にはならない。

 

 

下記で詳しく説明する。

 

 

 

牛乳飲み過ぎ太る?豆乳の飲み過ぎや牛乳を毎日飲むと太る?

 

では牛乳や豆乳は飲み過ぎると

太る原因になってしまうのだろうか。

 

 

牛乳や豆乳は毎日200mlが適量とされている。

 

牛乳は確かに飲み過ぎると

コレステロール値が上がる原因になる。

 

 

食べ合わせや飲み合わせによっては、

太る原因が牛乳の飲み過ぎになる可能性はある。

 

 

豆乳はイソフラボンの摂り過ぎに注意が必要だ。

 

イソフラボンの摂り過ぎで

ホルモンバランスが崩れ、

イソフラボン本来の良い機能を失いかねない。

 

 

ホルモンバランスが崩れることによって、

ダイエット効果も得られなくなり、結果的に

ストレスなどで太るということはあり得る。

 

 

また、男性が豆乳を飲み過ぎると

体型が女性化したり、精子製造・機能減退、

男性機能低下を招く原因になる。

 

 

実際に中国では豆乳を飲み過ぎた男性が

胸の膨らみを訴えた例がある。

 

医師の診断でイソフラボンによる

女性ホルモンが過剰に増えたことによる

胸の膨らみだということがわかった。

 

 

牛乳に関しては、

五大医学書のひとつであるBMJで

 

牛乳を1日3杯以上飲む人は、

全死亡率と骨折発生率が上昇する

 

と発表している。

 

 

この研究はスウェーデン中部の住民を対象に

男性が平均11年、女性が平均20年

追跡研究した結果だ。

 

 

 

まとめ。豆乳は太るのか

 

豆乳と牛乳が太るのか。

 

 

結果的には太る原因になる可能性はあるが、

単体で適量を摂る分には太ることはないだろう。

 

豆乳も牛乳も適量であれば腹持ちがいいので、

満腹感を得やすいために

食事の抑制効果が期待できる。

 

 

その結果ダイエットにつながる可能性がある。

 

 

・無調整豆乳200ml約95kcal

・牛乳200ml約138 kcal

・低脂肪牛乳200ml約95kcal

 

と、種類が違っても

基本的にカロリーが高い飲み物。

 

 

しかし、豆乳の方が多く含まれるが、

2つともビタミンB群が含まれている。

 

このビタミンB群は糖質や脂質分解、

代謝を助けて促す働きがある。

 

 

単体で太るものではなく食べ合わせ、

飲み合わせを気を付けなければならない。

 

何であっても食べ過ぎ、

飲み過ぎは良くないだろう。

 

 

豆乳については2020年2月に日本豆乳協会が、

2019年の豆乳類生産量が

過去最高になったと発表している。

 

リピーターが増えたことや、新商品の発売が

2019年に多く初めて豆乳飲料を飲み始めた人が

多くなったのが要因ではないかとのことだ。

 

 

今後も豆乳の注目は続きそうだ。

 

 

豆乳が日課になっている只野。

自分と同じロボコンファン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ