三州園ホテルと池田?歴史やオーナーをwikiで…解体と当時の火災。社長、食中毒、廃墟、オーナーと住所は?


 

三州園ホテルで知られるようになった池田氏。

 

その和太鼓は魅力的で、自分の外国人の友達にも

ファンがいる。

 

 

三州園ホテルなど国内のお役立ち情報、

日本のどこにいてもオンラインの安定収入を得る方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

三州園ホテルと池田とは。

 

歴史やオーナー、そして

三州園ホテルで何があったのか。

 

 

火災で強烈な印象を植え付けた

ホテルとして有名である。

 

 

そんな三州園ホテルの噂を見ていこう。

 

 

 

三州園ホテルと池田とは?ホテルの歴史と食中毒の当時の社長やオーナー。wikiはある?住所は?

 

三州園ホテル自体のwikiは

残念ながら存在しない。

 

 

三州園ホテルは、

昔は近くに競合するホテルもなく、

非常に賑わっていた。

 

ホテルの最上階には

パノラマ露天風呂があり、

眺めは素晴らしい。

 

 

愛知県のローカルなCMでも

名前を馳せている有名さだ。

 

 

しかし、人気真っ只中の三州園ホテルで、

1990年に食中毒事件が起こってしまう。

 

49人もの集団食中毒となり、

この件で一気に客足が遠退いたのだ。

 

 

現在廃墟となっているが、

三州園ホテルは管理人により

厳重に管理されている。

 

くれぐれも遊び目的で

侵入などしないでほしい。

 

 

三州園ホテルへの行き方は、

三ヶ根山スカイライン内に

あるためわかりやすい。

 

 

ちなみに、三ヶ根山スカイラインは

深夜は閉ざされている。

 

そのため、夜の禍々しい見た目の

廃墟を期待している人は敵わない。

 

 

三州園ホテルの敷地内には、

実はオーナー宅があるという噂もある。

 

 

ホテルの住所は

愛知県西尾市東幡豆町入会山で、

地図ではホテル跡となっている。

 

 

ちなみに、疑問に思っているであろう池田に関してだが、

三州園ホテルが営業していた頃のCMに登場しているのが、

三州園太鼓と呼ばれる、オーナーと従業員で組織された太鼓集団であった。

 

和太鼓奏者の池田健太氏は、

その三州園太鼓を基本にした

和太鼓を演奏する和太鼓奏者なのだ。

 

 

 

三州園ホテルの火災、廃墟の今…。解体、取り壊しや監視カメラの噂。サバゲーについても

 

三州園ホテルの火災は閉館後のことである。

 

食中毒事件以降、

客足が戻らず2003年に閉館、

2007年に廃墟が火災で燃えてしまった。

 

 

三州園ホテルは現在も

三ヶ根山スカイラインから

見える巨大ホテルだ。

 

三州園ホテル取り壊し予定は未だになく、

今も尚迫力ある姿を覗かせる。

 

 

そして、三州園ホテルのオーナー主催の元、

サバゲー大会が開催されているというので驚きだ。

 

サバゲーをする身としては、

一度は行ってみたい巨大廃墟。

 

 

しかしオーナーは自殺し、

亡霊になっているという噂では?

 

まさかその幽霊オーナーがサバゲーを?

 

 

謎ばかりが残る場所であることは間違いない。

 

 

三州園ホテルは2020年現在、

現役の廃墟である。

 

出来ればこのまま巨大廃墟として

手付かずで残してほしい。

 

 

そんな三州園ホテルの敷地の

入り口には、監視カメラがある。

 

面白おかしく中を散策することは

やめておいた方がいい。

 

 

敷地内に民家があることから、

ここを管理している人が

いると考えるのが妥当だ。

 

そうでなければ、国から

取り壊しをされていてもおかしくはない。

 

 

 

まとめ。三州園ホテルと池田氏について

 

三州園ホテルと池田氏には

こんな繋がりがあったとは驚きだ。

 

 

心霊スポットとしても名を馳せているため、

肝試しに訪れる人も少なくはない。

 

オーナーの霊が出る、太鼓の音が聞こえる、

電気が勝手に付くなどと、

根も葉もない噂話が広がっている。

 

 

電気の通っていない廃墟で

電気が付くのは確かに怖い。

 

心霊現象として注目されるのは、

廃墟としては避けて通れない。

 

 

また、こんなにも巨大なホテルが

閉館した理由も後を押す。

 

 

経営を苦にしたオーナーが自殺をはかり、

そして亡霊となってというのは、

廃墟でのお決まりパターンである。

 

 

もちろん、

自分の目で見たわけではないため

肯定はしないが否定もしないでおく。

 

霊感の強い人が見ると、

何か見えるのかもしれないからだ。

 

 

建物全体は、火災で当時の面影を

何も感じさせない無機質なものとなった。

 

当時ホテルに来たことのある人には

寂しいものだろうが、廃墟好きには

たまらない無機質で冷たい空間となっている。

 

 

特に、メインエントランスからの

吹き抜け階段は圧巻だ。

 

当時は華やかなシャンデリアや絨毯で、

美しい装飾が施されていたのだろう。

 

 

焦げたコンクリートとなり朽ちたそこは、

また違った美しさを感じさせる。

 

 

心霊スポットに目がない花山。

自分と同じく、もともとかなりの神経質(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ