北欧、暮らしの道具店の店長、夫について。アンチ、嫌い…?北欧で暮らすには?離婚、採用、セールなど


 

北欧、暮らしの道具店とは、人気の

ネットショップECメディアを運営しているサイトなのだが、

ここの店長がなかなか面白い。

 

この店長、自らの離婚をサイトのブログで報告する

なんとも生真面目な夫なのだ。

 

 

ブログを手段に北欧で暮らす具体的なアイデアは

以下の無料ニュースレターで。

 

メールアドレス >

 

 

この性格がみんなから愛されている

理由の一つになるのであろうか。

 

そんなこんなでユニークな北欧、

暮らしの道具店について紹介しよう。

 

 

 

北欧、暮らしの道具店の店舗や商品情報!店長や夫、スタッフなど。店長は離婚歴あり?特集やセール、採用も

 

まずこの北欧、暮らしの道具店について紹介していこう。

 

 

まずはこの北欧、暮らしの道具店店長の安田氏は

冒頭で挙げたように離婚を公表している、

離婚歴ありの男性である。

 

妹と2人でこのネットショップを

2007年に立ち上げている。

 

 

以前は東京の国立に北欧、

暮らしの道具店の実店舗があった。

 

だが、ネット上の商品数と店舗で取り扱える

商品数の差が大きくなったことが理由で現在は閉店しており、

時々イベントなどで大阪に出店することもある程度である。

 

 

北欧、暮らしの道具店などは

クラシコムというサイトで

採用情報を取り扱っている。

 

 

北欧、暮らしの道具店は

実店舗のないサイトのみで

運営している道具店である。

 

商品の情報はサイトだけではなく、

北欧の暮らしが特集された雑誌にも

時々取り上げられることもある。

 

 

そのほか、北欧の暮らしを紹介した公式のアプリもあったり、

北欧の暮らしをおしゃれに紹介した本があったり、

北欧の魅力をいろんなメディアを介して伝えている。

 

 

北欧、暮らしの道具店ではyoutubeに、

北欧の暮らしのいいところを伝える動画を

たくさんアップしている。

 

 

なんと、この北欧暮らしの道具店では

オリジナルのドラマも制作されているほどである。

 

その他、北欧暮らしの道具店の公式インスタもあったりと、

身の回りが北欧だらけになるくらい、幅広く

活動しているのも人気の一つなのだろう。

 

 

ちなみに、かもめ食堂と言う映画、

北欧、暮らしの道具店で働く

スタッフの方が好きな映画らしい。

 

わかる気がするのは自分だけだろうか。

 

 

さて、この北欧だらけの

ネットショップの

商品について紹介しよう。

 

 

北欧、暮らしの道具店と言う名前だけあって、

北欧で使われている雰囲気のインテリアや、

北欧の暮らしで使われている雑貨が販売されている。

 

北欧の暮らしにあるインテリアだけでなく、

北欧の暮らしで使われている家具やコスメ、

衣類など毎年たくさんの新商品が紹介される。

 

 

たくさんある商品の中から、

おすすめの商品をいくつか

ピックアップしてみよう。

 

自分の好みであるから、

参考程度に見ていただきたい。

 

 

まずは、小池ふみさん書き下ろしのカレンダーだ。

 

独特なあたたかいタッチの絵がなんとも

北欧での暮らしを演出してくれるカレンダーである。

 

 

次は、アロマキャンドルである。

 

北欧でキャンドルを使った暮らしに

憧れる人にお勧めなのが、

キャンドルウォーマーランプと言う商品である。

 

 

この商品のお勧めポイントは、

なんと言っても火がいらないことである。

 

持っているアロマキャンドルを

このランプに置いてスイッチを

置くだけでいいのだ。

 

 

その他、この北欧、暮らしの道具店では

おしゃれな照明がたくさんあるので

興味がある方はサイトをご覧いただきたい。

 

 

北欧、暮らしの道具店では

オリジナルコートがあり、

これもお勧めである。

 

「冬のお出かけも私らしく」

 

3WAYアレンジ襟のかろやかチェスターコートという

商品名のこのコートは、軽く着こなせ、

毛玉もあまり気にならないところがポイントである。

 

 

このサイトを見ているだけで、

北欧の暮らしでのファッションの参考になる。

 

 

母の日のプレゼントにお勧めなエプロンもある。

 

もしあなたの母親が北欧での暮らしに

興味があるのであれば、リネンのエプロンワンピース

と言う商品を母の日に贈るのはどうだろうか。

 

 

衣類を干すのにお勧めの商品もある。

 

大木製作所タワー型室内物干しという商品は

省スペースでたくさんの洗濯物を

干すことができる人気の商品である。

 

北欧での暮らしでは洗濯物も

物干しにスマートに干したい。

 

 

北欧、暮らしの道具店の財布でお勧めなのが、

「小さく見えて収納上手」手のひらサイズの

本革財布 / KURASHI&Trips PUBLISHINGのミニ財布である。

 

その名前通り、

手のひらサイズであるが、

その収納力は抜群。

 

バッグの中を少しでもゆったりさせたい方、

またプレゼントなどにも良いだろう。

 

 

北欧、暮らしの道具店のサイトではフライから飲み物、

スイーツまでさまざまなレシピも紹介されている。

 

 

その中での自分のお勧めは、

北欧での暮らしの中で飲みたいココアである。

 

チャイとココアを混ぜた

クリーミーなココアが紹介されているので、

一度作って飲んでみることをお勧めする。

 

 

北欧の豊かな暮らしの雰囲気が味わえるだろう。

 

 

北欧、暮らしの道具店では、

毎年夏頃にサイトで買い物をした方にオリジナル手帖を

プレゼントしてくれるキャンペーンもやっている。

 

 

 

北欧、暮らしの道具店の評判は?ファンの口コミなど。嫌いなアンチも…?

 

サイトを見てみると、シンプルで北欧が好きな方、

自然派な女性が好きな雰囲気に商品が考えられていると感じるが、

実際北欧、暮らしの道具店の批判もある。

 

商品の詳細やサイズ、生産国等の表示が不親切であったり、

キャンペーン告知のタイミングが遅かったり、食器等の容量の表記が

ないものがあったりすることに対し、色々な意見があるようである。

 

 

しかし、サイトのスタッフは真摯に

その意見を受け止め改善に

努めている姿勢がうかがえる。

 

 

そして、このサイトを見ていて思うことがある。

 

それは、スタッフが本当に商品のことをよく知っていて、

スタッフ自らこのサイトで扱う商品の

ファンであるかのように感じることだ。

 

 

そして、この北欧、暮らしの道具店には

一般的なECサイトにあるような

レビューや口コミ、ランキングがない。

 

 

これには賛否両論あると思うが、他者の意見に左右されず、

自分の本当に好きなものを選べるという点は

自分は良いと感じる。

 

レビューによく沸いてくる

アンチなどにも気分を害することがない。

 

 

ここで扱う商品が肌に合わない、

嫌いと感じれば買わなければいい。

 

商品と同様、実にわかりやすく

シンプルな考え方は共感できる。

 

 

評判や批判、アンチに左右されず、

自分たちが好きな商品を自信をもって紹介して

売るというスタイルは今後主流になっていくであろう。

 

 

 

北欧で暮らすには?実際の北欧での暮らし方やライフスタイルを紹介しているブログ

 

北欧が好きな人は、実際に北欧で

住んでみたいと憧れる人もいるだろう。

 

北欧での暮らしの現実はどうなのであろうか。

 

 

きれいでおしゃれな街、治安も比較的良く

子供も育てやすい環境である。

 

 

一方冬が辛く、アジア人には北欧の気候が

ホルモンバランスに影響を与える恐れもある。

 

 

さらに世界有数の物価の高さもある。

 

 

北欧で暮らすには、

この問題をクリアする必要があるが、

なかなかハードルが高いように自分は感じる。

 

北欧での暮らし方に憧れている人には、

この北欧暮らしの道具店でアイテムを買い揃えて、

自分が望む北欧スタイルを日本で再現する方が近道である。

 

 

北欧、暮らしの道具店には、実際にノルウェーで暮らした

スタッフのブログが紹介されているので、そういった情報を

参考にしながら理想のライフスタイルを作って行ってみてはどうだろうか。

 

 

 

まとめ。北欧、暮らしの道具店の店長と夫について

 

今回は、北欧、暮らしの道具店

というサイトについて紹介した。

 

 

スタッフの皆さんが北欧好きで、

実際に使ってみて本当に良いと思った商品を紹介し

販売していることが、サイトから伝わってくるこのお店。

 

これこそが人気のポイントなのだろう。

 

 

北欧好きの方や北欧に興味がある方は

ぜひこのサイトを覗いてみて欲しい。

 

 

北欧の暮らしに憧れる有本。

自分と同じくロボコンファン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ