ヒグマ(最大)画像!最大記録(北海道の最大級)…日本の記録と個体のサイズを紹介


 

ヒグマで最大の個体の画像は、

北海道のあの悲惨な事件で世に知れ渡った。

 

あの巨体で時速60km以上

嗅覚は犬をはるかに超えるというから恐ろしい。

 

 

日本各地をバイクで旅した男による熊の話、

どこに住んでもオンラインで安定収入を得る具体的な手段

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

ヒグマに襲われて命を落とす人は、

今も昔も数多くいる。

 

中でも悲惨な事件として有名なのが、

北海道で起きた三毛別事件。

 

 

ヒグマは最大で2.3m近くあり、

画像で見るとその迫力に驚く。

 

今回は、ヒグマの最大記録を

画像と共に紹介していく。

 

 

また、三毛別事件や

日大ワンゲル部についても触れていく。

 

 

 

ヒグマ(最大)画像!最大記録(北海道の最大級)…日本の記録と個体のサイズを紹介

 

現在、世界で一番大きな熊は、

北極圏に生息するホッキョクグマ

(通称シロクマ)。

 

ホッキョクグマの特徴は、

オスよりもメスの方が

大きいということ。

 

 

絶滅されたと言われている、

カムチャッカヒグマも

世界最大級の大きさ。

 

現存する熊の中ではホッキョクグマが最大と

言われているのだが、もし生存が確認された場合、

カムチャッカヒグマが世界最大のヒグマ亜種となる。

 

 

では、日本に生息するヒグマで

最大のサイズはどれくらいあるのだろうか。

 

 

日本の北海道に生息するヒグマで

最大の個体と言われるのが、エゾヒグマ。

 

エゾヒグマは他のヒグマの

亜種と比べると、サイズが比較的小さい。

 

 

コディアックヒグマやユーラシアヒグマなどは

体重が300kg以上もあるが、エゾヒグマの場合は、

平均体重が120~250kg程度で割と小さめ。

 

 

しかし、日本でも過去に

最大級を記録した

エゾヒグマが見つかっている。

 

日本で発見されたエゾヒグマの最大の記録は、

体重520kgという巨大なサイズ。

 

 

体長におけるヒグマの最大のサイズは、

オスの243cmが過去に記録されている。

 

 

2000年以降になってから日本では、

巨大な大きさのヒグマが何頭も見つかっており、

猟友会の手によって射殺されるというケースが増えてきている。

 

北海道はトウモロコシなどの農作物が

多く作られていることもあり、お腹を空かした

ヒグマがそれを目当てに畑にやってくるのだ。

 

 

最近、北海道で目撃されるエゾヒグマは

肥満型でお腹が大きいのが特徴。

 

 

エゾヒグマの平均体重は他のヒグマ亜種と比べると

軽いと紹介したが、大きなサイズのエゾヒグマが

日本で段々と増えてきていると言える。

 

 

 

ヒグマで最大は?最大級の画像

 

現在、存在するヒグマの中で

最大級の大きさなのが、

コディアックヒグマ。

 

コディアックヒグマは、主にアラスカの

コディアック諸島に生息している。

 

 

平均の大きさはオスで244cmもあり、

過去には3mを超える個体も発見された。

 

 

コディアックヒグマの大きさを上回るのが、

最大級の個体であるカムチャッカヒグマ。

 

過去に発見されたカムチャッカヒグマで

最大級の大きさは655.2kgの個体。

 

 

ネット上でカムチャッカヒグマの

銅像の写真が見られるが、

その大きさは圧巻だ。

 

 

ヒグマの最大級とは言えないが、

日本でも北海道で熊を見ることができる。

 

日本でヒグマが現れるスポットは数多く存在しており、

また、動画などでは実際に熊の様子が

撮影された映像も上がっている。

 

 

中には、釣りをしている最中に熊と遭遇して、

かろうじて逃げた時の映像など、恐ろしい動画もあるので

心臓の弱い人は注意するようにしてほしい。

 

 

日本で起きた三毛別事件について紹介しよう。

 

 

三毛別事件は、

熊の襲撃による事件の中で

最も悲惨だと言われている。

 

妊婦やお腹の中にいた赤ちゃん、

子供や住人達7人が死亡、

3人が重傷を負った。

 

 

三毛別事件の詳しい概要については、

ネットや動画で詳しく見られる。

 

 

三毛別事件について調べてみると、

熊の習性をよく理解することができる。

 

 

熊は村人の女性を襲った後で、

遺体を山中の木の下に隠した。

 

だが、その遺体を発見した村の住人たちが

葬式のために持ち帰ったのだ。

 

 

熊は一度自分の持ち物となったものを

奪われると執念に追いかけてくる。

 

 

女性の遺体を隠したのは

自分が後で食べようと思っていたから。

 

獲物を奪われた熊は怒り狂い、

村人たちを攻撃したと言われている。

 

 

また、この事件では熊の嗅覚が

非常に優れているということも分かった。

 

 

三毛別事件の他にも、

福岡大ワンゲル部ヒグマ事件も有名。

 

ワンダーフォーゲル同窓会の

部員たちがヒグマに襲撃された悲惨な事件。

 

 

この事件でも、一度熊に奪われたバッグを

奪い返すという行為が行われている。

 

部員たちは、熊に遭遇した時の

正しい対処法を熟知していなかった。

 

 

現在、日本大学では

日大ワンゲル部が結成されている。

 

 

「無計画な登山は行わない」

「計画書を作成してから登山を行う」

 

 

などと活動内容には記載されており、

無理のない範囲で登山を楽しめる。

 

 

日本大学に入学したいと考えている人は、

日大ワンゲル部について一度調べてみよう。

 

 

 

まとめ。ヒグマ(最大)について

 

ヒグマの最大記録について

紹介してきたが、いかがだっただろうか。

 

 

また、ヒグマによる悲惨な襲撃事件や

熊の習性についても触れてきた。

 

 

日本に生息しているヒグマは割と小さめで、

世界にはもっと大きなヒグマが生息しているので、

自分も一度この目で見てみたい。

 

ヒグマの最大画像や動画はネットに

数多くアップされているので、興味がある人は

いろいろと参考にするとよいだろう。

 

 

ヒグマを可愛い動物と勘違いしていた美幸。

自分と同じくロボコンファン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ