中高年失業で地獄?50代の失業(派遣)ブログ…派遣地獄やリストラ(40代の失業と再就職)、ニートの50代派遣…地獄の様子をブログで


 

中高年失業が地獄と感じるのは、

「もう後がない」という意識があるから。

 

 

ただ、健康寿命は延び続け

良くも悪くも、日本では働く期間が長くなっていく。

 

選ばなければ、中高年の仕事は増えていくはずだ。

 

 

中高年が失業しても

オンライン収入を得て楽しい生活を送る方法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

再就職できない40代・50代が

増加傾向にあり、

中高年の失業問題は年々悪化している。

 

 

若い世代の再就職とは事情が全く異なり、

中高年失業は地獄とまで言われるケースも。

 

 

ただ、実際のところはどうなのか

いまいち見えてこない。

 

そこで今回は、中高年の

失業・無職・派遣労働など、

実態を紹介していこう。

 

 

 

50代など中高年失業は地獄?50代、中高年の失業の地獄と再就職、リストラと無職

 

雇用問題において、

50代など中高年の男性の失業が

最も深刻なものと考えられている。

 

住宅費・教育費など

世帯を抱え支える立場にあることから、

失業後の影響が大きくなってしまうからである。

 

 

女性の場合は、中高年であっても若年層であっても

失業することはそこまで深刻なこととは捉えられない・・・

 

そんな見方もあるが、これはあまり実態にそぐわない。

 

 

ある男性の例を見てみよう。

 

 

勤務していた会社の経営悪化により、

50歳でリストラされ無職になった。

 

再就職をしようと

求職活動を1年以上行ったが、

希望する企業・職種は見つからなかった。

 

 

ハローワークで

面接の応募をしようとする時は、

担当者が希望する企業に問い合わる。

 

その時に50歳という年齢を聞いた途端、

何らかの理由を付けられ、

応募すら見送られるということが頻発していた。

 

 

履歴書で応募する時でも年齢のハンデある分、

職務経歴書など丁寧に細かく仕上げたが、

目を通してもらうこともなく突き返される。

 

 

前職の年収より

条件を大幅に下げても

求職状況は厳しい。

 

特殊な資格や能力があるわけでもない限り

地獄のような就職活動が続いてしまうことになる。

 

 

 

50代でリストラにより失業…50代派遣やニートのブログを紹介

 

大手企業などでは

業績が黒字であっても

リストラを行うことがある。

 

その渦中にいるのが50代だ。

 

 

経費のかかる50代の中でも、

高収入に見合った仕事をしない社員はコスパが悪く、

会社の経営状況を揺るがしてしまうからだ。

 

 

リストラによって失業したあと、

就職活動を続けても50代では

なかなか新しい仕事は決まらない。

 

無職でニートのような状態が

ずっと続くことに危機感を感じ、

派遣でもいいから働きたいという考えになる。

 

 

需要の多い介護業界においても、

50代での就職は厳しいものになっている。

 

 

介護の経験やスキルが

ありながらも、50代という年齢から

 

「勉強についていけるんですか」

「体力が持つんですか」

 

などと罵られる。

 

 

パート待遇での雇用に

なってしまうとのことだ。

 

 

キャッシングで詰みそうな、うつ病10年生の借金返済ブログ

 

というブログがある。

 

 

50代無職の男性が畑仕事をして

自給自足の生活をしている

様子などが書かれている。

 

借金を抱えたりといったこともあったが、

刺激を受けながら

人生前向きに過ごしているようだ。

 

 

 

中高年の派遣は地獄?派遣地獄の実態

 

派遣社員は派遣先の一方的な都合で、

突然契約を終了させられることがある。

 

 

ただでさえ雇用形態が

不安定な派遣だが、中高年ともなると

苦労はさらに深刻だ。

 

若い派遣社員でまかない続けるという制度が

企業に浸透し始めているため、

中高年の雇用は厳しいものとなっている。

 

 

もし中高年が

派遣で雇用されたとしても、

厳しい実態が待ち受けている。

 

 

まず収入格差の問題があるが、

中高年の派遣となると同年代の正社員とは

月収で17~20万円もの差がついてしまう。

 

正社員のボーナスが含まれれば、

その差はさらに開いてしまう。

 

 

続いては労働実態の問題だ。

 

 

時給の良い仕事やこなしやすい仕事は

若い派遣社員が優先され、中高年は時給が低く

その割には大変な仕事を押し付けられる。

 

事前に派遣先から聞いていた内容よりも

きつい仕事が待っているケースもある。

 

 

これは実際の仕事内容で募集すると

応募が来ないという懸念から、

内容をごまかして募集しているからである。

 

 

ブラック会社では、契約を切られたくないという

中高年の弱みにつけこみ、サービス残業・パワハラなど、

地獄のような労働環境も存在する。

 

 

 

40代で失業?ブログでの様子は…

 

40代でリストラされてしまう人もいるが、

失業の理由で最も多いのは

自己都合による退職である。

 

 

仕事内容での悩みや待遇の不満、

人間関係に疲れてといった事情がある。

 

だが、40代での

再就職を考えているのなら

かなり辛い状況になる。

 

 

20~30代であれば

早い場合は1週間以内に

転職が決まることもある。

 

40代になると求人そのものが少なくなり、

半年以上の転職活動を

余儀なくされることが多い。

 

 

家族や子供がいる40代無職ともなれば、

生活が困窮してしまったり

悲惨な現実が待ち受けている。

 

 

ここは無職ブログ。40代底辺男によるブラック企業体験記

 

というブログには、

結婚している40代男性が失業→無職となったことで、

家族との関係が悪化してしまったことが書かれている。

 

 

不安な状況が続くことで

ネガティブになったり、

精神的に追い詰められてしまうそうだ。

 

 

 

まとめ。中高年の失業地獄について

 

40代・50代になれば

仕事の責任が大きくなる。

 

上司・部下との板挟みで

悩みを抱えてしまう人は多い。

 

 

時代の流れから

失業者が急増するのは

必然とも言える。

 

 

たとえ人手不足であっても、

需要のない中高年は

リストラされるという現状もある。

 

 

AIなどの技術が進化し続けている現代では、

いずれ若い世代も需要がなければ、

切り捨てられてしまう時が来るのだろうか。

 

 

45歳にして職を失い、1年以上無職だった森ちゃん。

自分と同じく、日本人より外人の友達が多い変わり者(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. 杏子 より:

    求人倍率は上がっていても介護職が多く、希望する職種ではないことが多いようですね。
    だれでもできる職業ではないし、向き不向きもある。
    ひとりなら自給自足的な生活もできるけど、家族がいると厳しいですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ