40代無職はお先真っ暗?過ごし方…死ぬしかない?50代無職の貯金なしも死ぬしかない?絶望…職歴なしの辛い40代の独身


 

コロナ禍や、

もっと前のリーマンショックや

世界恐慌。

 

いつの時代でも、

自分だけが無職にならないという保証はない。

 

 

ただ、40代で無職になったら

本当にお先真っ暗なのか?

 

この記事で考察してみる。

 

 

 

40代無職はお先真っ暗で死ぬしかない?40代独身の失業と絶望…40歳で無職・独身なら?

 

40歳無職の中年は年々増加している。

 

 

若いうちに何かしらの挫折をし、

引きこもりになり、無職のまま40代に突入し、

独身のままいるという人も中にはいる。

 

働いていたが

失業したという人もいる。

 

 

経済状況の悪化など、

リストラによる40代無職で

絶望を感じている人もいる。

 

ずっと若いころから

働いていた会社をリストラされ、

お先真っ暗と感じるだろう。

 

 

もしかしたら

死ぬしかないと思う人も

いるかもしれない。

 

リストラされた人などは、

はじめは絶望しているかもしれないが気を取り直して、

家族のためにも職を探す人も多い。

 

 

しかし昨今では、リストラされたまま

職を探さず引きこもる

中年も増えているという。

 

 

家にひきこもりはじめた中年は

家族との関係悪化など、様々な家庭内での問題を抱えやすく、

社会問題にもなっている。

 

 

 

楽しい?40代無職の過ごし方!辛い貯金なし、職歴なしの40代の無職生活…生き方と生活

 

無職は死ぬほど辛い

というイメージだ。

 

 

リストラなどで無職になり、

辛いと感じている40代もいる。

 

 

40代以降で仕事を失う理由は、

リストラもあるが自己都合もある。

 

 

がむしゃらに働いてきて

身体を壊してしまったり、

うつ病になってしまう人もいる。

 

 

田舎の親が年を取り、

家業を継がないと

いけなくなってしまった。

 

 

親の介護や配偶者の介護など。

 

 

その理由は様々である。

 

 

がむしゃらに働いてきた人にとっては、

生き方を考えるいい機会かもしれない。

 

 

貯金なしだったり職歴なしでも

楽しい過ごし方はある。

 

貯金なしでも、

日々の生活ができる程度の

お金さえあれば暮らしていける。

 

 

日雇いであれば

職歴なしでも関係ない。

 

 

仕事ではたくさんのことに気を配ったり、

先々のことを考えたりしなければならない。

 

無職はその仕事に縛られなくていいので、

マインドフルに

楽しい過ごし方をできる人もいる。

 

 

 

50代無職の絶望…貯金なし、職歴なしは死ぬしかない?50代女性で独身、リストラされ無職。生活は?

 

50代で無職になるという人もいる。

 

無職の50代も年々増えている。

 

50歳無職で独身という人もいる。

 

 

50代無職で独身だと

絶望を感じる人もいるだろう。

 

貯金なし、職歴なしだと

さらに40代よりも絶望を感じる。

 

 

50代でリストラによる無職となると、

次の職を探す気力もなく、

絶望しかないという人も多くいる。

 

そのまま職を探さず、

のらりくらり生活する

50代も増えてきている。

 

 

50代女性で無職になった場合、

独身だとさらに

絶望を感じる人も多い。

 

 

同世代の女性は、

50代というと結婚し

子供がいる場合も多いだろう。

 

仕事をがんばってきて最後にリストラによる無職となると

あの時結婚しておけばよかったなどと

後悔する人もいるだろう。

 

 

楽しく暮らすすべを見つけて、

日々自分らしく生きることが大事だ。

 

 

 

 

 

 

50代や40代(四十代)の無職、職歴なしのブログを紹介

 

50代独身女性無職の

ブログなどを見ると

様々な事情がある。

 

40代無職で独身の

女性のブログなども同じくだ。

 

 

境遇が同じ人の毎日書くブログを見るのも、

独身で無職になった場合絶望するだけでなく、

それからの生き方の参考になる。

 

おすすめは

「50才独身無職のフラフラ日記」

 

 

大学に進学し大学院にいき、

そのまま研究をという

職歴なしの人たちもいる。

 

自分の興味関心に素直で、

やりたいことをしているイメージである。

 

 

職歴なしでも、

その関連の仕事に

就くこともできる。

 

女性だと、

パートから始めるという

選択肢も多くある。

 

 

身体を壊してしまった場合など、

自分を休めて、ゆっくり労わる生き方をするほうが、

仕事をするより大切なことである。

 

 

不安や絶望は確かにある。

 

しかし、将来より

今を大事に生きるほうが

大切なことである。

 

 

 

無職40代…リストラされ無職、再就職。就職と仕事。

 

40歳で無職になった場合、

そこまで絶望を感じることはない。

 

 

リストラで無職になっても、

失業保険がすぐにでるので、

失業保険をもらいながら次の仕事を探せばいい。

 

精神的に再就職するという

気力を持つことが大事である。

 

 

仕事の探し方は様々ある。

 

 

元々の仕事のツテを探したり、

ハローワークにいくという手段もある。

 

求人雑誌もたくさんある。

 

 

その中で自分に

合致するものを探せばよい。

 

 

結婚している場合は、

家族を養わなければならないという責任感から

自分を追い詰めてしまう人もいる。

 

だが、仕事が見つからないものは

仕方がないので、

楽観的になってもいいだろう。

 

 

配偶者にも事情を話して、

協力してもらうのがいい。

 

 

日々一人で考え込んでしまうと、

最悪、仕事もない家庭も失うという

問題に発展しかねない。

 

 

 

まとめ。40代はお先真っ暗なのか

 

仕事を失い、無職になったとしても

それはただ仕事を

失っただけにすぎない。

 

それよりも、そこから

どうするかが大事だ。

 

 

自分らしく

生きるということが

大事である。

 

 

まさに今、40代無職の森岡。

 

自分同様、自然の方が人よりも好きな

勘違いロマンチスト(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ