喋り方を変えたい?喋り方変えたい、話し方を変えたい、喋り方を直したい…喋り方を変える、話し方を変える方法とは


 

喋り方を変えたいなら、理想の話し方をしている人を見つけて

ミラーリング、つまり真似をすることから始めてみよう。

 

続けていると、必ず変わるタイミングが来る。

 

 

喋り方のより詳しい改善方法、

コミュニケーション力を上げながら経済的自由を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

自分の喋り方や話し方を変えたいと

思っている人は意外と多い。

 

 

例えばテレビでニュースを伝えるアナウンサーは、

聞き手に伝わる話し方を学んで実践している。

 

 

最近では、ボイストレーニング学校や教室でも、

話し方コースという学びの場が設けられている。

 

 

また、アメリカの心理学者である

アルバート・メロビアンが、

人は見た目と声で93%判断されているといっている。

 

対人コミュニケーションで、

見た目や表情、服装などの視覚情報が55%。

 

アクセントやイントネーションの聴覚情報38%。

 

その他の言語は7%。

 

 

これはメロビアンの法則という、

相手への感情を判断する情報を

数値化したものである。

 

 

喋り方や話し方は、コミュニケーションでの

切っても切れない存在であることはよくわかるだろう。

 

 

喋り方、話し方は簡単に

変えることはできるのだろうか。

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

喋り方を変えたい!喋り方変えたい、話し方を変えたい、喋り方を直したい日本人

 

話すという行動には自分だけではなく相手が必要だ。

 

相手が必要と言うことは

コミュニケーションが必要だということだが、

その中でも喋り方や話し方が重要になる。

 

 

喋り方や話し方について、

人とコミュニケーションを取る中では

必要不可欠なものである。

 

喋り方や話し方で、

人との関係に影響を及ぼす。

 

 

実際に喋り方や話し方を変えたい、

直したい人はたくさんいる。

 

特に人とのコミュニケーションが

苦手な日本人は多い。

 

 

だが、人とのコミュニケーションなしでは

学校やビジネスをはじめ日常生活では

生きていけないと考えている人は多い。

 

実際、コミュニケーションなしに

生活は不可能といっても過言ではない。

 

 

日常的、また受験や就職、昇進の面接のため。

 

プレゼンやスピーチ、講話をするために

人前で話すためなど理由は人さまざま。

 

 

だが、変えてどうしたいのか。

 

理由がさまざまであっても、

良い方に変えたいという方向性は

みな同じである。

 

 

喋り方や話し方について参考になるのは、

フリーアナウンサーの魚住りえ氏著書の

「たった1日で良くなる話し方の教科書」。

 

NHKで17年間キャスターとして活躍した

矢野香氏著書の「その話し方では軽すぎます!」

など。

 

 

アナウンサーは正確に視聴者に

伝えなければならない職業のため、

話し方の本を出している人が多い。

 

 

 

喋り方を変える方法!話し方を変えるには

 

では喋り方や話し方を変えるには

どのような方法があるのだろうか。

 

 

喋り方や話し方を変える方法として

苦手な人との対話を避け、

好きな人と話す時間を増やすこと。

 

引用:「人は話し方が9割」永松茂久著

 

 

とある。

 

 

人は、苦手や嫌という

思いがある人に構えてしまうし、

話しづらいと感じるだろう。

 

これにストレスを感じたり、

時には上手く話すことができなくて

自信を失う可能性もある。

 

 

反対に好きだったり好意を抱いている人とは、

会話も考えることなく自然と弾むし、

楽しい気持ちになることができる。

 

話す機会も自然に増えていくため、

喋り方や話し方の能力も付いたり、

話すことへの自信も付く可能性が高い。

 

 

声を発することは、大勢の人前で

話すためのものではなく、日常的な

コミュニケーションのために必要なのだ。

 

 

その中で喋り方や話し方のコツは

話すことに気を取られず、

まずは聞き上手になることだ。

 

 

話すことが苦手ならば、相手の話を

よく聞くことからはじめるといいだろう。

 

自分が例えおかしいと思っても否定をせず、

まずは何事にも相手を肯定してやる。

 

 

うなづいて、できればそこに

笑顔を付け加えることができると、

さらに相手に安心感を与えることができる。

 

 

話す時の注意点は

 

「でも」

「だって」

「どうせ」

「ですが、だめ(4つ目は諸説あり)」

 

4Dと呼ばれる言葉をなるべく使わないこと。

 

 

また、詳しい男女関係を

突っ込んだり下ネタを言う人。

 

相手のことを考えず話を奪う人

は嫌われるので気を付けた方がいい。

 

 

 

まとめ。喋り方を変えたいなら

 

喋り方や話し方が変わると、

見た目と同じようにすぐ人に

気づいてもらうことができる。

 

喋り方や話し方が変わると、

人とのコミュニケーションも良くなり、

人間関係も良くなるだろう。

 

 

喋り方や話し方を変えたい場合は

 

 

「わかりやすい」

「話し相手の状況に合わせる」

「聞き取りやすい声と内容」

 

 

の3つを意識するといい。

 

 

まずは話しやすい人と話して会話力を高めることが、

喋り方や話し方を変えるコツだと自分は考える。

 

話すことは自分と相手あってこその行為であり、

話すことでコミュニケーションが始まる。

 

 

ぜひ自分が納得のいく

喋り方や話し方を見つけてほしい。

 

 

コミュニケーション力に自信がない石原。

自分と同じく、元究極の人見知りだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ