台湾移住で後悔?失敗した50歳の台湾移住!仕事の求人とボンビーガール、老後の生活費…それでも台湾移住したい?


 

海外旅行先としても人気の台湾。

 

食事も美味しく、

親日国でもあるため

移住先としても人気だが・・・

 

正確な情報が多くはない。

 

 

そこで今回は

 

・台湾移住で後悔?失敗したと感じる理由

 

・50歳の台湾移住や仕事の求人

 

・台湾に移住したボンビーガールは

 

・台湾に移住したときの老後の生活費

 

について調べてみた。

 

 

 

台湾移住の後悔!台湾への移住に失敗し後悔した理由は?

 

台湾へ移住を希望する人は多い。

 

 

理由としては

 

・物価が安い

 

・アジアの中でも治安がいい

 

・親日国である

 

・食事が日本人の口にあう

 

というメリットがあげられる。

 

 

しかし移住して失敗したと

感じている人もいる。

 

 

後悔の理由は

 

・交通マナーが悪い

 

・台湾と日本は年金協定が結ばれていない

 

・時間にルーズ

 

などがあげられる。

 

 

やはりメリットがあれば

デメリットもあるということだ。

 

 

事前ににしっかりと

それらを把握しておくことが、

後悔しないための準備だろう。

 

 

 

台湾に老後に移住…老後の海外移住、台湾はどう?費用の失敗

 

台湾へ老後に

移住してみたいという人も多い。

 

リタイア生活の場所として、

台湾でのんびりと

暮らしたい人が多いのだろう。

 

 

台湾は物価も

日本の約7割ほどなので、

生活のための費用も少なくてすむ。

 

しかしその点だけ見て

移住を決めてしまうのが、

失敗したと後悔するポイントだ。

 

 

前述にもあるが、

台湾と日本は

年金協定を結んでいない。

 

台湾の年金制度に

日本人が加入することができないので、

日本で年金を払い続けるしかない。

 

 

年金をもらうためには、

台湾に移住した後も

日本の年金を支払わければならない。

 

そのために台湾で

収入を得るために

働かなければならない。

 

 

働かない場合は、

退職金などの貯金をきりくずすなど

やりくりが必要だろう。

 

老後に移住したい場合は、

ある程度の貯蓄などの

金銭的な余裕が欲しいところだ。

 

 

 

50歳の台湾移住!移住して仕事の求人はある?

 

50歳で台湾へ移住する

場合について見てみよう。

 

 

50歳で台湾に移住したら、

年金をもらうために

日本の年金を払い続ける必要がある。

 

また物価が安いとはいえ、

ある程度の収入がほしいところだ。

 

 

そのために台湾で

仕事を探す必要がある。

 

 

台湾で仕事を探すために

おすすめのサイトは、

台湾に強い転職サポート「JACリクルートメント」。

 

50代以上の

シニア世代向けの求人もあるので、

ぜひチェックしてみてほしい。

 

 

台湾は中国語が公用語。

 

オフィスでは

英語を使う企業も多い。

 

中国語や英語が使えれば、

かなり有利に就職ができる。

 

 

やはり語学ができるというのは

外国企業からみても

魅力的な人材なんだろう。

 

中国語や英語が使えない人も

語学不問の求人があるので、

安心してほしい。

 

 

日本での経験や経歴が生かせる求人もあるので、

自分の得意分野を活かした

就職先を見つけられることを祈る。

 

 

 

 

 

 

台湾に移住したボンビーガール…生活費は?

 

台湾へは若い女性も移住している。

 

「ボンビーガール」では

台湾に移住した女性について

紹介されていた。

 

 

台湾・台北に移住した

女性の生活費は、

約16万円ほどだと紹介されていた。

 

 

この女性は収入が月に18万円。

 

月に2万円貯金ができ、

その貯金で年に2~3回、東南アジアを中心に

海外旅行をしているそうだ。

 

 

日本で月に18万円の収入では

かなりぎりぎりの生活しかできない。

 

日本との差はやはり物価が安く、

生活費がかなり抑えられる点だろう。

 

 

ちなみに台湾に移住した女性は

月に18万円の収入を

どうやって稼いでいたのだろうか。

 

実は台湾の法律で

外国人の最低賃金が決められていて、

それが月に18万円なのだ。

 

 

ボンビーガールで紹介されていた女性は

翻訳の仕事をしているので

月に18万円をもらうことができていた。

 

だが、日本人が台湾の仕事で

ここまでもらえるのは

なかなか稀かもしれない。

 

 

台湾人でも平均月収が16.2万円。

 

日本人が台湾で働くとなると、

台湾人よりも優れたスキルがなければ

働かせてもらえないだろう。

 

 

 

台湾に移住したい!台湾に移住するには?ブログで台湾に移住する方法を紹介

 

台湾への移住について調べてみると、

台湾移住はなかなかハードルが

高いと感じる人もいるかもしれない。

 

しかしやっぱり

台湾に移住したいと

強く希望する人もいるだろう。

 

 

実際に台湾に

移住するための条件は、

ビザを取得すること。

 

ワーキングホリデーや

台湾の語学学校に通うなど、

さまざまな移住方法がある。

 

 

短期ビザは90日間有効なので、

3か月おきに日本と

行き来するという裏技もある。

 

 

自分に合ったビザや

移住方法を選んでほしい。

 

 

実際に台湾に移住した人のブログを見てみると、

より自分に合った方法が見つけられるだろう。

 

 

おすすめは

 

・たった一人で台湾移住~勢いで来たはいいけど意外に大変!でも楽しいぞ台湾生活~

 

という女性一人で

台湾移住をしたMIOさんのブログ。

 

気になる人はぜひ

チェックしてみてほしい。

 

 

 

まとめ。台湾移住について

 

・台湾移住で失敗したと感じる理由は

「年金協定が結ばれていない」

「交通ルールが悪い」「時間にルーズ」など

 

 

・50歳の台湾移住は年金問題に注意

 

 

・仕事の求人はあるが

中国語や英語ができれば有利

 

 

・台湾に移住した

ボンビーガールのような生活は難しい

 

 

・台湾に移住したときの

老後の生活費は日本からの年金がメイン

 

 

「ボンビーガール」での特集などから

台湾での移住を考える人もいるかもしれない。

 

だが、実際は年金の問題や、

ビザの問題など

さまざまなハードルがある。

 

 

「台湾に移住したい」という

強い思いがあれば、

それらのハードルは乗り越えられるだろう。

 

台湾での生活に憧れている人は

ぜひ前向きに検討してほしい。

 

 

台北への移住を考える臼井。

自分と同じく洋版プレイボーイで育った男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ