スイスに移住、デメリットは?スイス移住有名人と仕事、スイスに移住するには…スイス移住の条件と方法、生活費やビザ(永住権申請)


 

スイスにはマッターホルンなど

数々の名峰をはじめ、

壮大なスケールの大自然が溢れている。

 

 

留学や仕事、あるいは結婚で

スイスへ移住を考えている人もいるだろうが、

スイスは世界一物価が高い国として知られている。

 

実際にスイスへ移住したら

どんな生活が待っているのか

なかなかイメージができない。

 

 

そこで、この記事で

どういったデメリットが

あるのかなどを紹介しよう。

 

 

 

スイスに移住、デメリットは仕事や生活費?

 

スイスに移住した場合、

まずデメリットに感じるのは

買い物や生活費だろう。

 

 

治安が良く整った環境ではあるが、

買い物に関しては

日本のようにはいかない。

 

 

スイスではほぼ全ての店や会社が

18時30分頃には閉まってしまう。

 

土曜は16時頃まで、

日曜・祝日は終日休業になる。

 

 

銀行も当然同じ状況なので、

銀行に急用がある時は

仕事の合間を縫って行かなければならない。

 

 

日本のようにコンビニが

24時間営業しているわけではないのだ。

 

 

土曜に買い物したあとで

何か買い忘れたことに気付いても、

月曜まで買いに行く機会がない。

 

 

そして、スイスは

世界水準から見て

物価の高さでは群を抜いている。

 

 

スーパーでの物価は様々だが

日本よりは高めである。

 

 

外食にしてもファミレスのような店で

ランチするだけで、

3,000円ほどかかってしまう。

 

 

当然それに見合って

スイスは平均収入も高い。

 

最低賃金は月収にすると

約34万円ほどである。

 

 

独身で一人でスイスに移住するとしたら、

毎月30万円ほどの生活費は必要だろう。

 

 

スイスは

働きやすさという点で

不満を抱えている人が多い。

 

 

日本人がスイスで仕事を探すとなれば、

かなりの困難に直面することは

避けられないだろう。

 

 

 

スイス移住有名人!現地で暮らすのは…

 

スイスへ移住した

日本の有名人では、

女優の「後藤久美子」がいる。

 

元F1レーサーの

「ジャン・アレジ」との交際を機に

スイスへ移住し、生活を開始した。

 

 

籍は入れておらず、

フランスではよく見られる

事実婚となっている。

 

 

もし離婚した時に

男性側が圧倒的に不利になることから、

男性側が籍を入れたがらないというのが理由である。

 

 

引退後のジャン・アレジの総資産は

400億円以上とされており、

ロサンゼルス・パリなどに別荘を所有している。

 

 

自宅には十数人の使用人がいる。

 

 

後藤久美子は専業主婦でありながら

家事は一切していないと、後藤久美子の長女・エレナが

テレビ出演した際に、現地の様子を語っている。

 

 

エレナは

タレント・モデル活動をしながら、

映画製作について学んでいる。

 

長男のジュリアーノは

父と同じF1レーサーの世界に飛び込み、

順調に活躍を続けている。

 

 

夫婦の年収は13億円以上とも言われ、

物価の高さでは世界トップクラスのスイスの中でも

さらに上位の、セレブな生活を満喫している。

 

 

 

 

 

 

スイスに移住するには?スイス移住の条件と方法

 

スイスへ移住するには、

色々な準備をしておく必要がある。

 

 

スイスは州によって制度が異なるが、

言語や生活習慣なども

それぞれ変わってくる。

 

 

スイスには共通言語がなく、

フランス語・ドイツ語・イタリア語・ロマンシュ語の

4つの言語圏にそれぞれ分かれている。

 

 

どの州のどの地域に住むのかで

生活環境がかなり変わってくる。

 

事前に移住先について

しっかりと下調べをしておきたい。

 

 

スイスでは部屋探しの

難しさという問題もある。

 

不動産屋で探すか

インターネット・新聞広告で

探すかという方法になる。

 

 

スイスは空き物件自体が少なく、

内見の予約を取ることすら

ままならない。

 

 

うまくいって契約が進んだとしても、

様々な条件や質問事項が記載された

申込書を作成する必要がある。

 

申込書が査定され、

審査が通った者にだけ

連絡がいくようになっている。

 

 

そしてスイスで

長期滞在するには、

ビザが必要となる。

 

 

 

スイスに移住…ビザは?永住権申請について

 

スイスへの移住は、

3ヶ月以上滞在する場合は

ビザ(滞在許可証)の申請が必要となる。

 

 

目的に応じて取得する必要があるが、

労働許可を含んでいることが前提となる。

 

 

日本人が就労する場合は、

通常は雇用主が必要書類と共に

外国人雇用局へ申請する。

 

場合によっては

「無犯罪証明書」の提出が必要になるため、

事前に確かめておこう。

 

 

申請してくれる雇用主を見つけるために、

就職先をしっかり決めることも求められる。

 

 

スイスに10年継続して

居住経験のある人は

永住権の申請の対象になる。

 

だが、永住権を取得するまでの

過程はとても厳しく、ヨーロッパの中でも

スイスはかなり困難な方である。

 

 

しかし永住権が取得できて、

生活費の問題さえなければ

好条件の中で快適な暮らしができるだろう。

 

 

 

まとめ。スイス移住のデメリットとは

 

物価がかなり高いスイスだが、

公立校の教育費が無料なので

子育てしやすい環境と言える。

 

 

大都市でも

ゴミなどがあまりなく

綺麗に整備されている。

 

 

交通の便が良いといった

メリットも多くある。

 

 

何より大都市の近くにこれだけ

雄大な大自然がある環境というのは、

スイス以外ではなかなかお目にかかれない。

 

金銭的に余裕があるのなら、

スイスへの移住を

考えてみてはどうだろうか。

 

 

スイス移住を考えている間にコロナ禍に巻き込まれた、深谷。

自分と同じくムカデが異常に嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ