イギリス移住で後悔…移住が難しい?芸能人、イギリスに住むには仕事は?看護師など資格や仕事探し、子連れや移住手続きなど


 

イギリス移住で後悔する日本人が

後を絶たないのは、特に仕事や人間関係の悩み・・・

 

これは、長期滞在して多くの日本人から聞いたことなので

まぎれもない真実だ。

 

 

現地で日本円の安定収入を得ながら

人間関係の悩みもなく気楽に生活する秘訣、

 

またイギリス移住について詳しく知りたいなら、

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

そんなイギリスに移住するためには

どのようにすればいいのか?

 

役に立つ情報が多くはない。

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

イギリス移住で後悔!そもそも移住が難しい?

 

イギリスは、正式には

「グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国」

という国名だ。

 

 

ヨーロッパ大陸北西部に位置する島国。

 

イングランド、北アイルランド、

スコットランド、ウェールズの

4つの国で構成されている国である。

 

 

サッカーが詳しい人は

よく知っているだろう。

 

 

イギリスでの日本永住者は

2017年で2万2千人弱。

 

ヨーロッパの中では

日本人が1番多く

住んでいる国とされている。

 

 

長期滞在者を含めると

約7万人の日本人が

イギリスに住んでいる。

 

大学のレベルが高いので

留学を希望する人も多く、

日本企業の支店や支社も多い。

 

 

日本人が多いので

日本人コミュニティが発達していて

日本人が住みやすいといわれている。

 

 

イギリス移住の際に子連れの人は子供のことで気になるが、

イギリスは国民みんなが子供に対して

優しいので心配する必要はないだろう。

 

 

イギリスへ移住したり

イギリスへ行ったことがある日本人からよく聞くことは、

日本とは、緑と子供の多さが違うということだ。

 

自然が多く、

子供が多いのだろうと想像がつく。

 

 

母親がリラックスして

子育てできる環境といえる。

 

 

イギリスへの移住手続きは

 

 

移民局に査証申請が必要で移住エリアを選ぶ

住む家の契約

就職先を決める

銀行に口座開設

携帯電話の契約など

 

 

色んな準備が必要で

難しいとされている。

 

 

移住のデメリットとしては、

1日のうちに天気が変わりやすく、

行動を制限されてしまうことがある。

 

また、ロンドンなどは家賃が高いので、

何も知らずに移住すると

後悔する人がいるのが現実だ。

 

 

イギリスにアフタヌーンティーという

午後のお茶習慣があるのは有名だ。

 

最近は日本でも

高級ホテルで実施されている。

 

 

 

イギリス移住…移住して仕事探し!イギリスに住むには仕事?資格と職業

 

イギリス移住すると決めたなら

生活していくために仕事も必要になる。

 

 

物価は日本とさほど変わらないが、

ロンドンともなると

1ルームでも家賃が10万円はこえてくる。

 

独身の場合はルームシェアや

フラットという日本でいう

アパートを利用するのも手だ。

 

 

家族や子連れとなると

家を借りなければいけないので、ロンドン郊外など

家賃が高いエリア以外で住居を考えるといい。

 

 

仕事探しは基本的には

英語が話すことができないと難しい。

 

イギリスはビザ取得の条件が

年々厳しくなっている現状にあり、

一般的に仕事探しも簡単ではない。

 

 

日本にいても今は

ネットで仕事探しはできる。

 

だが、

英語力や文化の理解は当然ながら、

実力社会でもある。

 

 

成果を出せないと認められないので

厳しいと考えておくことが

仕事探しの前提だ。

 

 

イギリスでも資格があると就きやすい職業は存在するが

イギリスで働くためには

イギリスの採用のための試験等は必要だ。

 

 

例えば看護師はNMCという、

イギリスでの看護協会のような組織があるので

オンライン応募申請をして登録する。

 

そこから能力・実技テストがあり、

更に英語力もイギリスで公的なテストの

合格ライン以上のスコアを求められる。

 

 

イギリスでは現在看護師が不足しているので、

もし看護師の資格があるのであれば

イギリスで使える資格かもしれない。

 

 

 

イギリス移住した芸能人!海外移住のビザは?

 

イギリス移住に限らず海外移住する日本人は多いが、

イギリスに移住したり日本と行き来している芸能人も多い。

 

有名な人でいうと、本木雅弘・内田也哉子夫妻や

葉加瀬太郎・髙田万由子夫妻、

布袋寅泰・今井美樹夫妻、宇多田ヒカルなどだ。

 

 

イギリスへ移住のためのビザは

学生ビザ、就労ビザ、

婚姻ビザ、永住ビザの4種類がある。

 

イギリスで永住ビザを取得するには

長期間イギリスに

暮らしたことがある人が対象。

 

 

大人は10年ごと、

子供は5年ごとに更新が必要だ。

 

また、その条件とともに

イギリスに住むために

英語力や知識が必要となる。

 

 

英語力に関しては

イギリスが公的としている

IELTSのスコアが必要だ。

 

日本でおなじみのTOEICで

高いスコアを持っていても、

イギリスの永住のためには証明としては使用できない。

 

 

知識としてはLife in the UKという試験があり、

イギリスの歴史や政治、時事、経済などに関して

認識がどの程度あるかを試される。

 

 

永住ビザは取得後に連続して

2年以上イギリスを離れると失効となるので、

長期帰国する場合は期間を気を付けなければならないだろう。

 

 

 

イギリスは毒舌なの?

 

「イギリス毒舌日記」という

2007年からスタートしたブログが

人気を集めて書籍化している。

 

 

このブログにはイギリスでの移住生活をはじめ、

差別ばなしといった

差別をテーマにした読みものがある。

 

 

このブログの筆者も実際に学生らしき子供たちから、

国に帰れ!と冬場に

雪を投げつけられたことがあったという。

 

イギリスの国民性として、

タイ人女性というだけで売春婦だと言ったり、

白人以外の肌は汚れているから白くないなど平気で口にする傾向がある。

 

 

イギリスは移民が多い国

とされている多国籍国家だ。

 

 

移住者はヨーロッパ圏からが最も多く、

アジア圏の人は少ない。

 

アジア人への差別的な見方をする人は

少なからず実際に存在する。

 

 

移住した際にはイギリスに限らず、

どこの国であっても

差別というものはあるのだろうと自分は思う。

 

 

 

まとめ。イギリス移住で後悔

 

イギリスへの移住の際は

ビザの取得が年々厳しくなっていて

永住権に関してはさらにハードルが上がる。

 

 

治安は他のヨーロッパの国に比べると比較的いいので

スリや置き引きなどの

軽犯罪に気を付けておくと問題はない。

 

これは日本に住んでいても同じことがいえる。

 

 

留学やワーキングホリデーで

一度気軽に現地の雰囲気などを

体験してみることをおすすめする。

 

 

ロンドンに移住した松山。

自分と同じマザコンだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. ちゃんマリ より:

    イギリスではアジア人への差別はあるとみんな言っていますね。
    コロナの影響で、日本人は「中国人は帰れ!」と言われることも多いとか。
    そんな国に、どうして芸能人たちは移住するんでしょうか。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ