フィンランドで就職!日本人の仕事は?フィンランドで働く…移住した50代の仕事は大変?日本人の求人や北欧のバイトなど


 

フィンランドで就職するなら、

あなたの想像以上に英語を流暢に話す現地の人達

対等に仕事をできるように準備しよう。

 

 

フィンランド就職のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る具体的な方法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

本物のサンタクロースに会えたり、

素敵なオーロラが見れたりで

人気の国フィンランド。

 

移住するにあたり

仕事は必須とも言えるが、

意外と情報が少ない。

 

 

そこでこの記事では、

フィンランドでの就職や

転職について紹介する。

 

 

 

フィンランドで就職・転職!移住してフィンランドで働く日本人、仕事は?日本人が知るべきこと

 

北欧の国の中でも治安がよく安全で、

ムーミンなどでも人気の国のフィンランドは

日本人観光客も増加傾向にある。

 

 

フィンランドには

日系企業の進出も多くなっており、

フィンランドで働く50代も増えている。

 

日系企業で日本からの海外赴任という人もいれば、

フィンランド現地で仕事をみつけて

就職する人もいる。

 

 

フィンランドの充実した福利厚生や、

日本では味わえない広大な自然などに憧れて、

転職してフィンランドに移住する日本人が増えている。

 

 

フィンランドは英語が通じやすい国なので、

最初はフィンランド語が出来なくても

英語さえできればなんとかなる。

 

 

仕事も探せばある。

 

ITなどの技術職や、

レストランのシェフ、観光ガイドや

日本人ならではの現地での日本語教員などある。

 

 

就労ビザのハードルがやや高いので

そこを留意しながら

仕事を探すといいだろう。

 

 

 

フィンランドに移住!フィンランド移住は大変?デメリットや移住手続きなど方法

 

まずはフィンランド移住について

知る必要があるだろう。

 

 

基本的にフィンランドは

観光目的であれば

90日以内の滞在はビザは不要である。

 

それ以上の滞在や、

目的によって

ビザが必要になってくる。

 

 

フィンランドへの

移住手続きは

とても大変である。

 

 

その理由としてあげられるのが、

そもそもフィンランドが

積極的に移民を受け入れていないこと。

 

ワーキングホリデーや

リタイアメントビザの発行をしていないので、

ビザを取得するのがとても大変である。

 

 

ビザを取得する方法として、

留学や就業や結婚など様々ある。

 

自分にあったものを選択し、

取得する努力をしなければならない。

 

 

フィンランドに移住する

デメリットとしては、

物価が高いことがあげられる。

 

消費税も23%と高い。

 

 

そしてオーロラが

見られるほどなので

冬がとても寒い。

 

日照時間も短いので

太陽を浴びるという機会が少ない。

 

 

 

北欧で日本人が就職・転職…フィンランド仕事、日本人の求人は?バイトなどヨーロッパの求人

 

昔よりは北欧で仕事をしている日本人が

増えてきたとはいっても、

他の地域に比べるとやはりまだ少ない。

 

 

フィンランドはワーキングホリデーなどの制度はないが、

同じ北欧の国のノルウェーでは

ワーキングホリデーの制度がある。

 

いきなり就職・転職するより、

雰囲気をあじわうために一度制度を利用してみて、

お試し移住をしてみてもいいだろう。

 

 

北欧に日系企業が増えてきているとはいえ、

やはりその数は他に比べると少ない。

 

日系企業の駐在員を狙っても、

今はまだ狭き門である。

 

 

なので自力で就職先をみつけるとなれば、

求人を探す必要があるが、採用されるためにも

最低限英語はできたほうがいいだろう。

 

できればフィンランド語なども

できるにこしたことはない。

 

 

ITのエンジニアなど、

技術のひとつでもあれば、

就職などに有利だろう。

 

 

日本人向けヨーロッパの求人情報がある

「spring転職エージェント」も有効活用したい。

 

 

 

フィンランドで仕事探し!探し方は?フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか

 

フィンランドでの仕事探しは、

日本で事前に転職エージェントなどを

使用するといいだろう。

 

日系企業のなかでも

海外赴任向けの求人を

紹介してくれる。

 

 

自分の語学スキルや、

スキルにあった仕事が手早く見つけられるので、

一人で探すよりも手間がかからない。

 

 

現地で探すのであれば、

いくつかのコツが必要となってくる。

 

現地であれば

語学力もより必要になってくるし、

仕事においてもスキルが必要である。

 

 

仕事がなければ、

自分で起業するというのも

ひとつの方法である。

 

 

フィンランドの人の仕事が

午後4時に終わる理由は国民性にある。

 

 

ワークライフバランスが

世界一位のフィンランドでは、

仕事もプライベートも大事。

 

日々の生活を充実させるということに

重きを置いているからである。

 

 

フィンランドやスウェーデンなど

北欧に強い転職サポート「JACリクルートメント

 

 

 

スウェーデンで転職!スウェーデン語の求人は?

 

スウェーデンもフィンランドと同じく、

社会保障が充実していて

住みやすい国である。

 

 

フィンランドと同じく

ワーキングホリデーの制度がない国なので

仕事には就きにくい。

 

 

スウェーデンで転職するには

様々な条件がある。

 

スウェーデンは他の国と比べると

日系企業があまり進出していないので、

現地の企業に転職するほうが確立があがる。

 

 

英語も通じるが、

スウェーデン語の習得は

必須条件である。

 

それに加えて、突出した

仕事上でつかえるスキルなども

必要である。

 

 

スウェーデンには

日本のような就職活動はない。

 

自分が興味のある企業に、

自ら履歴書を送って採用をしてもらうので、

自分をプレゼンすることが必要となってくる。

 

 

日本人向けスウェーデン語求人情報がある

「エン求人サーチ・エン・ジャパン」なども便利だ。

 

 

 

まとめ。フィンランドの就職について

 

ワークライフバランスが整っているフィンランドは、

働きすぎともいわれる日本人からすると、

とても憧れる国である。

 

 

そこで働くためには、

色々とスキルが必要になってくる。

 

自分のスキルを磨いて

挑戦したいものである。

 

 

フィンランドに住みたいとよく話していた勝沼。

自分と同じく元ネガティブ思考の男だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. エネイブル より:

    フィンランドに限らず、なんのスキルもないと移住は難しそうですね。
    資格も何もないので、転職エージェントで仕事を紹介してもらえる見込みも薄そう。
    もっと若いうちにこれ!というスキルを手に入れておくんだったなぁ。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ