カナダに移住した40代!カナダで働く40代、カナダ移住の後悔とエンジニアの移住…永住権と仕事(職業リストと資格)


 

カナダに移住して40代が仕事をするなら、

業務に耐えうる英語力

高い生活費への準備をしておこう。

 

 

カナダ移住のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

カナダに移住して

仕事をしたいと考える日本人は多いが・・・

実態を知らずに行動に移して後悔する声も。

 

 

そこでこの記事では、そんなカナダに移住し、

仕事をして生活したいと

考える人に向けて紹介していく。

 

 

 

カナダに移住して40代が仕事!看護師やエンジニアの移住、カナダで働く40代…カナダ移住と仕事

 

まずカナダというと、

北アメリカ北部に位置している。

 

アメリカと隣接していて、

国土面積はロシアに次いで

世界二番目の大きさ。

 

 

カナダに移住し生活しようと思うと、

ほとんどの人は

仕事を探さないといけないだろう。

 

 

カナダの公用語は

英語とフランス語。

 

どちらかは

話せるようにしておきたい。

 

 

両方覚えようとするよりは、

どちらかを覚えるようにしよう。

 

 

看護師資格を持っている人は

カナダでも

仕事を見つけるのが早いだろう。

 

 

その理由は、

日本で看護師の国家資格を持っている人は、

カナダで取り直すのではなく書き直すことができる。

 

ただ、何もせずに

書き直せるわけではないことを

知っておこう。

 

 

カナダで国家資格を受けなおすことになるが、

一から勉強を学校に通って取り直すことを考えると

時間はかなり少なくてすむ。

 

 

看護師という仕事は

なくなることは

世界どこをみてもない。

 

だからカナダに移住する際も

仕事を探すことは

難しくはないだろう。

 

 

エンジニアとして

カナダに移住を考えているならば、

訓練期間も長く相当な努力が必要だ。

 

 

日本でエンジニアとして働いていると

英語はそこまで使うことなく

仕事はできるだろう。

 

しかしカナダでエンジニアとして働こうとすると、

周りは英語で話す人ばかりになるので、

英語は習得しておきたい。

 

 

何歳であろうと、

移住したいと思うなら

何歳であろうとするべきだと思う。

 

40代からでも留学も遅くない。

 

 

まずは、

留学、ワーキングホリデーで行き

カナダを知るのもありだろう。

 

 

40代でもカナダに移住して

働いている人は多くいる。

 

行きたいと思ったときに

行くのが一番だ。

 

 

 

カナダに移住…カナダ移住の後悔、子連れの場合は?

 

カナダに家族を連れて

移住を考えている人もいるだろう。

 

 

大人でも海外で生活するのは

慣れるのに時間がかかる。

 

子供は人生経験が少ないので、

慣れるのには大人以上に

時間がかかるだろう。

 

 

言葉の違いや見た目の違いから、

なじむのに時間がかかるだろう。

 

 

だが、学校に行き始め友人ができると、

あっという間に英語も覚えていくだろう。

 

 

子供が小さいうちに

カナダに子連れで移住すると、

英語とフランス語をネイティブレベルで習得する。

 

将来役立つのが間違いない。

 

 

カナダに移住して後悔があるとすれば、

日本に残す親にすぐに会いに行けないことや

友達にもなかなか会えないことだろう。

 

 

デメリットといえば、

物価が高いことだろう。

 

他にも税金も高い。

 

 

カナダに移住するならば、

お金は貯めておいたほうがいいだろう。

 

 

 

カナダ移住、仕事の資格は?移住の永住権と移住手続き、職業リストについて

 

カナダ移住するならば

永住権がほしいと思うはずだ。

 

永住権を取れる

条件についても紹介したい。

 

 

まずは、やはり

資格が必要な仕事は

就きやすいだろう。

 

資格を必要な仕事が

誰でもできるわけではないのは

わかるだろう。

 

 

その分資格を取得するのに、

勉強など時間を費やすことは必要だ。

 

しかしその時間を

費やすことができた人にしか

できない仕事がある。

 

 

永住権にも種類があるが、

まず絶対条件となるのは、「CLB」。

 

語学力を計るもので、

一定以上の得点が必要だ。

 

 

英語とフランス語の

どちらか一つの試験は

受けないといけない。

 

 

「NOC」というのも

覚えておこう。

 

これは職業をレベルに合わす

コードのことを指している。

 

 

00、0、A、B、C、Dとわかれ、

資格が必要な仕事や高卒程度や

マネージャークラスなど、幅広くあらわしている。

 

 

資格が必要な職業を

職業リストからあげると、

介護士、看護師、医師、美容師、料理人など。

 

 

永住権を取得する際に、

カナダでの就労経験が

問われることもある。

 

最初から永住権を取るのは

難しいと考えておいていい。

 

 

しかし、

長く住むのであれば、

永住権はほしい。

 

治療費の免除や

語学学校に無料で行けるなど

メリットしかない。

 

 

カナダに長く

移住することを考えているならば、

時間がかかっても永住権は取ろう。

 

 

 

まとめ。カナダに移住して仕事があるのか

 

カナダで看護師をする場合、

日本で資格を持っているのであれば、

資格を取り直す必要はない。

 

勉強は必要だが、

一から取る必要はない。

 

 

カナダで永住権を取るには、

カナダでの就労実績や、

資格・語学力が必要だ。

 

しかし、長く住むことを考えると

永住権は絶対取った方がいい。

 

 

永住権に必須な語学は

英語をオススメする。

 

 

自分はカナダに限らず

英語はできる方がいいと思う。

 

いろんな国で使われていて、

日本で生活していても使えて

ビジネスチャンスも広がる。

 

 

自分は英語の習得は

誰もが挑戦すべきものだと

考えている。

 

 

子連れで

カナダに移住するのであれば、

子供は語学力が絶対に身が付く。

 

慣れるまでに

時間はかかろうとも

長い目で見れば絶対に良い。

 

 

どこの海外に移住するにしても、

親や友達とすぐに会えない距離に

行くことはわかっておこう。

 

 

バンクーバーに移住した鳩山。

自分と同じフェミニストだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ